データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、3戦ぶり42号本塁打!猛追のペレス&ゲレーロJr.と4本差に。米記者が驚き「モンスター級のホームランを打った」【海外の反応】

2021/08/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地ニューヨーク・ヤンキース戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、この試合で42号本塁打を放った。3戦ぶりのホームランに米紙『ロサンゼルス・タイムズ』のジャック・ハリス記者が反応している。
 

 
 2打席連続三振に倒れていた大谷だったが、同点で迎えた5回の第3打席。アンドリュー・ヒーニー投手のカーブを捉え、右翼席へ飛び込む42号本塁打を放った。この結果、ホームランランキング2位のサルバドール・ペレス捕手(カンザスシティ・ロイヤルズ)、ブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)との差を4本に広げている。

 大谷の42号本塁打の打球速度は111.8マイル(約180キロ)で飛距離431フィート(約131.4メートル)だった。この一発を受けてハリス記者は「大谷翔平選手がモンスター級のホームランを打った。今季42本目」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集