データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の41号本塁打に敵地でも大歓声!米アナリストは感激「アウェイでHR打ってもファンが応援。その光景は大好き」【海外の反応】

2021/08/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ボルティモア・オリオールズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場を果たした。この試合で41号本塁打を放った瞬間、アウェイながら大歓声が巻き起こった。この光景に米メディア『フォックススポーツ』のアナリストを務めるベン・バーランダー氏は感銘を受けた様子を見せている。
 

 
 初回の第1打席で大谷はオリオールズのキーガン・アキン投手と対峙し、アキンのカーブを捉えて右翼スタンドへ運ぶ41号本塁打を放った。3回の第2打席は四球を選び、5回の第3打席は中飛で凡退。8回の第4打席は再び四球で出塁している。大谷の41号先頭打者弾で先制するも、救援陣がリード守れずエンゼルスは1-13の大敗を喫した。

 この試合で大谷が41号本塁打を放った瞬間、オリオールズファンが集まる球場は大歓声に沸いた。その光景を見て、バーランダー氏は「今、野球界で一番好きなことは、大谷翔平がアウェイでホームランを打っても、ファンが応援してくれること。その光景は大好きだ」と語り、感激した様子を見せている。






  • 記者募集