データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、7戦ぶりに41号本塁打! 角度45度の先頭打者弾に米記者が衝撃「まるで地球を離れていくかのように見えた」【海外の反応】

2021/08/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ボルティモア・オリオールズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で大谷の7戦ぶりの本塁打が飛び出し、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が反応している。
 

 
 大谷は初回の第1打席でオリオールズのキーガン・アキン投手と対戦。アキンの投球を捉え、ライトスタンドに飛び込む41号本塁打を放った。打球速度110・7マイル(約178キロ)で飛距離374フィート(約114メートル)、角度45度の一発を受けて、マグワイア記者は「大谷翔平の41本目のホームランは、まるで地球を離れていくかのように見えた」と、自身のツイッターに綴っている。

 その後、3回の第2打席は四球を選び、5回の第3打席は中飛に倒れた。8回の第4打席は再び四球で出塁している。大谷の先頭打者弾でエンゼルスがリードする展開で試合はスタートしたが、5回に6失点を喫するなどして崩れ、終わってみれば1-13の完敗を喫している。

1 2





  • 記者募集