データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平にリトルリーガーが大声援。インディアンスの監督代行はショック「彼らは私たちの味方だと思っていたのだが……」

2021/08/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、クリーブランド・インディアンス戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。試合中、球場に集まった子供たちから「ショウヘイ、ショウヘイ」とコールを受ける場面があった。これに対し、インディアンスのディマーロ・ヘール監督代行はショックを受けたような様子を見せている。米公式サイト『MLB.com』のレット・ボリンジャー記者が伝えた。
 

 
 大谷は初回の第1打席でインディアンスのカル・クアントリル投手と対戦し右前打で出塁。さらにジャスティン・アップトン外野手の打席で今季19個目の盗塁をマークした。3回の第2打席は四球、6回の第3打席は空振り三振に倒れている。8回の第4打席も四球を選んだが、デビッド・フレッチャー内野手が併殺打に打ち取られて無得点で終えた。エンゼルスは0-3の敗戦を喫している。

 今回の試合は「リトルリーグ・クラシック」と銘打たれたイベントで、リトルリーグ・ワールドシリーズに出場する子供たちが招待された。試合前に選手たちと触れ合っただけでなく、試合中には選手たちに大きな声援を送っている。子供たちは特に大谷の活躍に期待していたようで「ショウヘイ、ショウヘイ」とコールする場面もあった。
 
 ボリンジャー記者によると、ヘール監督代行は「我々のダグアウトの後ろにグループがいて、彼らは大谷翔平を応援していた。彼らは私たちの味方だと思っていたのだが……」と、ショックを受けたような様子で述べたという。






  • 記者募集