データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、“リアル二刀流”で8勝目&球団左打者最多40号本塁打! 8回8K1失点で自身7連勝、エンゼルスは勝率5割復帰

2021/08/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地で行われたデトロイト・タイガース戦に「1番・投手」で投打二刀流出場。投げては8回8奪三振1失点の好投で今季8勝目を手にし、打っては球団左打者最多の40号本塁打を放った。
 

 
 投手・大谷は2点の援護をもらった初回、1死から連続安打を浴びるも、4番ジェイマー・キャンデラリオ内野手を右飛とライトの好返球で結果的に併殺となり、ピンチを脱出。2回も先頭打者に安打を打たれたが、6番レナート・ヌニェス内野手を三併殺打に打ち取り、上々の立ち上がりを見せた。

 大谷は、3回にも走者を背負ったが難を逃れ、クリーンアップを迎えた4回は、この日初めての三者凡退。5回には、1死から8番ウィリー・カストロ外野手にライトポール際でのソロ本塁打を許したが、最少失点に抑え、勝ち投手の権利を得た。
 
 続く6回もマウンドに上がり、1番から始まる好打順だったが、2番ジョナサン・スコープ内野手、3番ミゲル・カブレラ外野手からスプリットで連続三振を奪い、3人斬りを見せた。7回は、2死から安打を打たれるも無失点に抑えた。
 
 すると、打者・大谷は、8回の第4打席でリリーフ右腕ホセ・シスネロ投手と対戦。1ストライクからの2球目、88.7マイル(約143キロ)のスライダーを完璧にとらえた。打球はライトスタンドに飛び込む40号ソロホームラン。打球速度110マイル(約177キロ)、飛距離430フィート(約131メートル)の一発で球団左打者最多記録を更新した。
 
 大谷は、自らのバットで2点リードとした8回も続投。三者凡退に切って取り、役目を終えると、最終回は守護神ライセル・イグレシアス投手が締め、3-1で勝利を収めた。
 
 この日の投手・大谷は、8回(90球)を投げ、被安打6、被本塁打1、与四死球0、奪三振8、失点1の成績で8勝目(1敗)。防御率2.79。
 
 一方の打者・大谷は、4打数1安打1打点1本塁打(空三振、右直、二ゴロ、右本)の成績。打率.269、OPS1.011となっている。






  • 記者募集