データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、見逃し三振に納得いかず? 相手投手に称賛の声も「3つ目のストライクは疑わしい球だったが…」【海外の反応】

2021/08/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地デトロイト・タイガース戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場を果たした。この試合で微妙な判定もあったが、大谷にヒットを許さなかったホセ・シスネロ投手を、米メディア『MLiveメディア・グループ』のエバン・ウッドベリー記者が称賛している。
 

 
 初回の第1打席で大谷はタイガースのケイシー・マイズ投手と対峙し、中前安打で出塁後に今季18回目の盗塁も成功させた。そして、ブランドン・マーシュ外野手の中前適時打でホームに生還し1点を先制。2回の第2打席は四球を選び出塁。この回も盗塁を試みたが2度目の挑戦は失敗しアウトに。4回の第3打席は一ゴロに倒れている。

 6回の第4打席では、相手が大谷を警戒し申告敬遠で出塁した。しかし、後続が続かず得点ならず。8回の第5打席はホセ・シスネロ投手と対戦したが見逃し三振に終わっている。この時、大谷は微妙な判定に納得がいかず、首を左右に振る仕草を見せた。
 
 大谷にヒットを許さなかったシスネロについてウッドベリー記者は「ホセ・シスネロ、大谷翔平との大勝負に勝利。一歩も引かなかった。5球連続でゾーン内に入ってくる速球で攻めた。2つの三振、2つのファール、そして3つ目のストライクは(おそらく疑わしいとされた)98.5マイル(約158.5キロ)の球。素晴らしい」と、自身のツイッターを通じて称賛の言葉を述べた。






  • 記者募集