データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、中前安打&今季18回目の盗塁! ホーム生還で先制も。積極的なプレーに米メディア「攻撃が活発になる兆し」【海外の反応】

2021/08/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地デトロイト・タイガース戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。初球から中前安打を放つなどして、序盤から積極的なプレーを見せた。この活躍を受けて、米メディア『SBネイション』は「攻撃が活発になる兆し」であると伝えている。
 

 
 大谷は初回の第1打席でタイガースのケイシー・マイズ投手と対戦。センター前の安打で出塁すると、すかさず二塁への盗塁を成功させ、さらにブランドン・マーシュ外野手の中前適時打でホームに生還した。1点リードした2回の第2打席は四球を選び出塁。再び盗塁を試みたものの2度目は失敗しアウトになった。

 この積極果敢なプレーに関して、同メディアは「大谷選手が初球から安打を放ち二盗も決めた。序盤から攻撃が活発になる兆しを見せている」と伝えている。なお、4回の第3打席も積極的に打ちにいったが一ゴロに倒れた。






  • 記者募集