データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、あわや本塁打の大飛球も7戦ぶり無安打 好投手コール、元中日ロドリゲスから三振喫す

2021/08/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地で行われたニューヨーク・ヤンキース戦に「1番・指名打者」でスタメン出場。4打数無安打に終わり、チームも惜敗した。
 

 
 大谷は、ヤンキース先発ゲリット・コールと3打席対戦し、空三振、右飛、右飛。3打席目はあわや本塁打の大飛球となったが、あとひと伸び足りず。打球はライトのグラブに収まった。

 第4打席は、NPBの中日ドラゴンズにも所属した左腕ジョエリー・ロドリゲス投手と対峙したが、見三振に終わった。
 
 この日の大谷は、4打数無安打の成績。打率.269、OPS1.007(出塁率.360+長打率.647)となっている。
 
 エンゼルスは、初回にジャスティン・アップトン外野手のソロ本塁打で先制。しかし、直後に2ラン本塁打で逆転を許すと、その後は投手戦の様相に。先発ホセ・スアレス投手は、5回を2失点でまとめ、リリーフ陣も無失点リレーを見せたが、打線がわずか3安打と沈黙し、1-2で接戦を落とした。






  • 記者募集