データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、大飛球もわずかに届かず40号お預け。コールの反応に注目集まる「外野が捕球し安堵のため息」【海外の反応】

2021/08/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地ニューヨーク・ヤンキース戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で大飛球を放ったが、惜しくも40号本塁打ならず。この時見せたヤンキースのゲリット・コール投手の反応に注目が集まっている。米公式サイト『MLB.com』のブライアン・ホッチ記者などが伝えた。
 

 
 大谷は初回の第1打席でヤンキースのコールと対戦。この回は空振り三振に終わり、3回の第2打席は右飛に倒れた。6回の第3打席では大飛球を放って会場を沸かせたが、スタンドにわずかに届かず第40号本塁打にはならなかった。打たれた瞬間、コールも一瞬諦めたような反応を見せている。

 この場面に関して、米メディア『ジ・アスレチック』は公式ツイッターを通じ「大谷翔平がホームランを打ったと思ったゲリット・コールの反応…」と綴り、動画を投稿。また、ホッチ記者は「ゲリット・コールは大谷翔平にホームランを打たれたと思い足を前に蹴り出したが、外野が捕球し安堵のため息」と語っている。






  • 記者募集