データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、打球速度180キロの二塁打! 米記者が驚き「無失点の投球した後ミサイルを打ち込んだ」【海外の反応】

2021/08/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地トロント・ブルージェイズ戦で「1番・投手」として先発登板。初回の第1打席で打球速度112マイル(約180.2キロ)の二塁打を放った。この一発に米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が反応している。
 

 
 マウンドに立った投手・大谷は1回、本塁打王を争うライバルのブラディミール・ゲレーロJr.に左前打を打たれたものの、後続を許さず無失点に抑えた。その裏、5球目を捉えて左中間に運ぶ二塁打を放ち3試合連続の安打をマーク。

 マグワイア記者は「大谷翔平選手は1回表のブルージェイズ打線に対し、無失点の投球をした。その裏、先頭で112マイルのミサイルを打ち込み二塁打となった」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集