データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、不安を払拭する38号! スランプ脱出に米メディア「“モンスター級”の本塁打で存在をアピール」【海外の反応】

2021/08/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地トロント・ブルージェイズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、この試合で14試合ぶりに本塁打を放った。不安を払拭する一発に対し、米メディア『セントラル・バレー・ビジネスジャーナル』は「“モンスター級”の本塁打で、その存在をアピールした」と伝えている。
 

 
 大谷は初回の第1打席でブルージェイズのアレク・マノア投手と対戦し右直に倒れた。しかし、0-2で迎えた3回の第2打席では、不安を払拭する14試合ぶりの本塁打を放っている。5回の第3打席は空振り三振、7回の第4打席は四球を選んでいる。一時は同点に追いついたものの、その後失点を積み重ね、エンゼルスは2-10の敗戦を喫した。

 この日の大谷は、3打数1安打2打点1本塁打1四球の成績。打率.267、OPS1.016(出塁率.361+長打率.654)となっている。同メディアはタイトルに「大谷翔平は怪物のようなホームランで打撃の穴から出てきた」とつけ、「“モンスター級”のホームランを放ち、その存在をアピールした」と、大谷のスランプ脱出を報じた。






  • 記者募集