データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



投手・大谷翔平、3回に技ありの投球を披露。米記者が驚き「ビデオゲームのような内容を見せた」【海外の反応】

2021/08/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地テキサス・レンジャーズ戦で「2番・投手」として投打同時出場。投手・大谷が3奪三振した3回のピッチングについて、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が驚愕した様子で伝えている。
 

 
 投手・大谷は1回を無失点に抑えると、2回も相手に得点を与えなかった。そして、3回にはブロック・ホルト内野手とカーティス・テリー内野手を連続奪三振に仕留め、アイザイア・カイナーファレファ内野手には左前打を許したものの、ネイト・ロウ内野手は空振り三振で仕留めた。大谷は3回まで好投を続け無失点を継続している。

 大谷の投球についてマグワイア記者は「大谷翔平は、3回にビデオゲームのような内容を見せた。彼は3人の打者を三振させたが、いずれも異なる球種(スプリッター、カーブ、スライダー)を使っていた」と伝えている。






  • 記者募集