データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、2戦連続3三振喫しノーヒット 前田健太との2年ぶり対決も沈黙、エンゼルスは接戦制し連敗ストップ

2021/07/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地で行われたミネソタ・ツインズ戦に「2番・指名打者(DH)」でスタメン出場。4打数無安打3三振で2戦連続ノーヒットに終わったが、チームは接戦を制した。
 

 
 同試合では、ツインズ先発・前田健太投手と2年ぶり3度目の対決。2018年は2打数無安打1三振で前田に軍配が上がり、19年は3打数2安打2打点1本塁打と大谷がリベンジを果たした。

 大谷は注目の第1打席、2ボール2ストライクからの5球目、90.2マイル(約145キロ) のフォーシームをバットにかすめたが、捕手のミットにおさまり空三振。4回の第2打席は、84.7マイル(約136キロ)のスプリットに二ゴロ、5回の第3打席では、1ボール2ストライクからの4球目、85.5マイル(約138キロ)のスプリットにバットが空を切り、空三振に倒れた。
 
 8回の第4打席は、左腕ダニエル・コーロンブ投手の前にこの日3度目となる空三振に終わった。
 
 この日の大谷は、4打数無安打3三振の成績で、打率.271、OPS1.028(出塁率.357、
+長打率.671)。前田との対戦は、3打数無安打2三振となった。
 
 エンゼルスは、4回に2点を先制されるも、直後にジャックメイフィールド内野手の3ラン本塁打で逆転に成功。その後は投手戦の様相を呈したが、先発アンドリュー・ヒーニー投手が7回2失点の好投を見せた。その後はマイク・マイヤーズ投手、ホセ・イグレシアス投手と繋いでリードを守り切り、3-2で勝利。連敗を3で止めた。なお、前田も7回3失点の粘投を見せたが、今季は4敗目を喫している。






  • 記者募集