データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



プレミア12、侍ジャパンの初戦はベネズエラと対戦。ビッグネーム不在もアルバレスら強敵の顔あり【ベネズエラ代表2019メンバー一覧】

2019/10/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2015年の第1回大会ではグループBの5位に終わり、決勝トーナメント進出を逃したベネズエラ代表。アメリカ、ドミニカ共和国に次ぐメジャーリーガー数を輩出する野球大国は今大会でリベンジを果たしたいところだ。
 
 侍ジャパンにとって初戦の相手となるベネズエラだが、メジャーリーガーの不参加、ベネズエラ時間11月5日(日本時間6日)に、同国のウインターリーグが開幕することも重なり、ビッグネームは不在となっており、少々寂しいメンバー選考となっている。
 
 そんなチームにおいて、ヘンダーソン・アルバレス投手の存在感は傑出している。近年はMLBの舞台から遠ざかっているものの、マイアミ・マーリンズ時代の2014年には、12勝をマークし、オールスターゲームにも選出される活躍を見せた。同じくMLB経験者としては、フィラデルフィア・フィリーズなどで10シーズン、計536試合に出場したアンドレス・ブランコ内野手の顔もある。そして、韓国リーグでのプレー経験もあり、MLB通算31勝を挙げているフェリックス・ドゥブロン投手の存在も大きな戦力になりそうだ。
 
 またNPB経験組に目を向けると、2013年に広島東洋カープでプレーした、ミゲル・ソコロビッチ投手、2017年に東京ヤクルトスワローズでプレーしたカルロス・リベロ内野手が選出されている。
 
 現役メジャーリーガーのビッグネームこそいないが、情報の少ない選手が多い分、かえって不気味に感じるベネズエラ代表。大会制覇を狙う侍ジャパンにとって、難しい相手となることは間違いなさそうだ。
 
 
ベネズエラ代表試合日程
11月5日 vs日本
11月6日 vs台湾
11月7日 vsプエルトリコ
 
【表】プレミア12、各グループ組み合わせ・日程一覧

1 2