データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン強化試合・楽天戦、侍ジャパン1点リードで5回終了 先発・山本由伸が好投、打線は2回以降得点なし

2021/07/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<ENEOS 侍ジャパン強化試合・第1戦>
東北楽天ゴールデンイーグルスー侍ジャパン(24日・楽天生命パーク宮城)
 

 
 侍ジャパン・山本由伸投手(オリックス)、東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手の両先発で始まった第1戦。初回の山本は、先頭の小深田大翔内野手に安打で出塁されたが、後続から2死を奪い、甲斐拓也捕手(ソフトバンク)が二盗を封じて無失点で立ち上がった。するとその裏、打線は先頭の山田哲人内野手(ヤクルト)が四球で出塁し、坂本勇人内野手(巨人)、吉田正尚外野手(オリックス)の連続安打で無死満塁の絶好機を迎えた。4番・鈴木誠也外野手(広島)は粘って四球を選び、押し出し四球で先制点を奪うと、続く浅村栄斗内野手(楽天)は一、二塁間を破る適時打。さらに1死後、7番・近藤健介外野手(日本ハム)が犠飛を放ち、侍ジャパンがいきなり3点を先行した。

 援護をもらった山本は、2回を3人で斬り、3回からは森下暢仁投手(広島)へスイッチ。3回は三者凡退に打ち取ったが、続く4回、1死から2番・オコエ瑠偉外野手の二塁打、ワイルドピッチで三塁に走者を背負い、3番・茂木栄五郎内野手の犠飛で1点を返された。
 
 5回表、侍ジャパンは青柳晃洋投手(阪神)がマウンドへ。先頭の5番ブランドン・ディクソン外野手の打球を、この日中堅に入った近藤がやや目測を誤り、記録は二塁打に。1死後にワイルドピッチで三進、7番・黒川史陽内野手の一ゴロの間に三塁走者が生還し、1点差に迫られた。
 
 追加点の欲しい打線は5回裏、この回からマウンドに上がったアラン・ブセニッツ投手から先頭の1番・山田が安打を放ち、続く坂本の打席間で二盗に成功。しかし後続は続けず、得点は奪えなかった。
 
【スコア速報】ENEOS 侍ジャパン強化試合第1戦「楽天対侍J」






  • 記者募集