データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



いよいよ甲子園開幕・・・地方大会で涙した選手の中にもプロ注目選手は数多く存在

8月6日から第97回全国高等学校野球選手権大会(甲子園)が開催される。各都道府県で頂点をつかんだ高校、ドラフト候補選手が集まるが、惜しくも地方大会で敗れた高校の中にもプロ注目の逸材は数多く存在する。

2015/08/04

text By

タグ: , , ,



各地方に存在するプロ注目選手

 その他に2年から活躍し実績のある近畿の名門のエース。龍谷大平安・高橋奎二、履正社・永谷暢章、近江・小川良憲の近畿の3人だ。
 高橋は故障上がりで大敗を喫した。「関西の左ではトップの潜在能力」というスカウトの声があり、ダイナミックなフォームに魅力がある。小川はスリークォーターから球持ちのいい打ちづらいボールが特徴。履正社は初戦で大阪桐蔭と対戦し、2年生・寺島が先発完投。永谷は夏の登板がなかったが去年のセンバツで好投している。

 茨城県の取手松陽の内村悠斗は常総学院に敗れたが、本格派右腕で最速143キロ。愛工大名電の福本裕亮投手はテークバックの大きい左腕。決勝の中京大中京戦で好投した。愛知・誉高の内田大貴は172センチと小柄ながら、昨秋の激戦区の優勝投手。愛知ナンバーワンの評価の声も挙がった。センバツに出場した豊橋工の森奎真は夏は本調子ではなく、3回戦の豊橋中央戦で8回9失点で残念な結果に終わったが再起に期待。

 大阪府では大冠の144キロ右腕・吉田大喜がベスト4まで勝ち上がる活躍を見せた。プロ志望を示唆している。横浜創学館の望月惇志や三重・菰野高校の左腕、山田大樹などは140キロ後半を投げて素質の高さを示した。

 さて野手では和歌山、初芝橋本の黒瀬健太が1位候補に挙がっている。185センチ、95キロで1年秋から正捕手。スイングスピードの速さ、振り切る力は抜けていると評され高校通算97ホームランの強打者。
 東海大菅生の勝股翔貴は西東京予選で2ホームラン、打率.464を残した。「野手で行きたい」とプロ入りを目指す。
 国学院久我山の了海航は180センチ84キロの強肩捕手。木更津総合の檜村遊撃手は守れて勝負強い打撃が持ち味。選抜では3ランを放っている。
大阪の近大泉州の渡辺巧は二刀流の大型三塁手。通算62ホームランで野手で勝負する。大阪桐蔭の青柳は去年の優勝メンバーで強打の外野手。潜在能力は実証済みだ。

 他にも埋もれた金の卵がいるはずで、ご自身で発掘してみるのも、高校野球の楽しみの一つでもある。

1 2


  • 記者募集