データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



星稜・奥川恭伸、旭川大高・能登嵩都との投手戦に1-0で勝利 最速153キロ!94球投げ3安打9K完封【全国高校野球】

2019/08/07

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



<第2日 第3試合 1回戦 ○星稜 1―0 旭川大高●>(7日、阪神甲子園球場)
 
 第101回全国高校野球選手権大会は7日に2日目を迎え、第3試合はプロ注目・奥川恭伸(3年)を擁する星稜(石川)と同じく好投手・能登嵩都(3年)を擁する旭川大高(北北海道)の対戦。奥川が3安打完封で投手戦を制した。
 
 好投手同士の先発となった試合は序盤から期待通りの熱戦となった。まず初回、旭川大高・能登が星稜打線を3者凡退に抑えれば、星稜・奥川も先頭の佐藤一伎(3年)に対して最速153キロを計測して空振り三振を奪うなど3者連続三振の立ち上がりで、甲子園に詰めかけた観衆からは大歓声が沸き起こった。
 
 試合を先に動かしたのは星稜。能登に対して2回に1死から四球と二塁打で二、三塁のチャンスを作ると、7番・大高正寛(3年)が左前適時打を放ち1-0と先制に成功した。
 
 しかし、この後は旭川大高・能登、星稜・奥川による息詰まる投手戦が繰り広げられる。能登は3回に奥川に触発されたように3者連続三振をマークするなど制球力の高さを見せつけ、一方の奥川は三振だけでなく、速球とキレのある変化球を屈して打たせて取る投球を披露。互いに引かず3回から6回までスコアボードに「0」を刻んだ。
 
 試合は1-0のまま早いテンポテンポで終盤に入り7回、能登が140キロ台の速球と大きく曲がる変化球で星稜を3者凡退に抑えると、奥川も速球が再び150キロをマークするなどギアを上げ3者凡退。
 
 続く8回は旭川大高・能登がピンチを迎える。2本の安打を浴び2死一、二塁とされると、5番・奥川が放った打球は右前へ。二塁走者が一気にホーム生還を狙ったが、ここで右翼を守る樋口唯斗(3年)が好返球。余裕を持ってのタッチアウトで追加点を許さなかった。
 
 いよいよ迎えた9回、星稜は能登から4番・内山壮真(2年)が二塁打で出塁。その後四球などで1死一、二塁とチャンスを広げたが、ここは能登が大高を三ゴロ併殺に打ち取って無失点でしのぎ切った。
 
 そして直後の旭川大高の攻撃。奥川は1番から始まる旭川大高打線に対して、先頭の佐藤を三ゴロ、続く主将の持丸泰輝(3年)は右飛で2アウト。最後は菅原礼央(3年)を右飛に打ち取って試合終了となった。
 
 星稜は1-0で旭川大高との投手戦を制し2回戦進出。奥川は9回94球を投げきって3安打、9奪三振で完封、一方の能登も9回130球を投げ9安打、9奪三振、1失点の力投だった。