データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【第91回センバツ】東邦、21世紀枠・富岡西に勝利譲らず 筑陽学園、広陵が一回戦突破<第4日結果>

2019/03/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 第91回選抜高校野球大会は26日に4日目を迎え、1回戦3試合が行われた。3試合とも1点を争う接戦となった。
 
 
▼第1試合
〇筑陽学園(福岡)3-2福知山成美(京都)●
 
 筑陽学園は2回、1死から野田、福岡の連打で一、二塁のチャンスを作ると、捕手の進藤がレフトへの適時打を放ち、エース西を援護する。4回表には、福知山成美の神内に逆転の2点適時打を許すも、その裏、福島の適時打ですぐさま同点に追いつき、2-2のまま試合は終盤戦に突入する。
 
 均衡を破ったのは7回。2死から、4番の江原が四球を選び出塁すると、暴投で得点圏に進塁。2死二塁から、ここまで2安打の野田がセンターへの適時二塁打を放ち、試合を決めた。
 
 
▼第2試合
〇広陵(広島)2―0八戸学院光星(青森)●
 
 第2試合は息をのむ投手戦だった。両チームともに、好投手を前に攻めあぐねたが、広陵がワンチャンスをものにし、勝利を収めた。広陵の先発・河野が八戸学院光星の打線を3安打に抑えて完封勝利。一方の八戸学院光星・後藤も、5回に2点を失ったものの粘り強い投球で以降得点を許さず、味方の援護を待ったが、逆転は叶わなかった。
 
 
▼第3試合
〇東邦(愛知)3―1富岡西(徳島)●
 
 第3試合は、愛知の強豪・東邦と21世紀枠から初出場を果たした富岡西の対戦。東邦は3回、先頭の山田が右安打で出塁すると、2番・杉浦のセーフティバントなどで、1死一、三塁のチャンスを作り、続く石川の中犠飛で1点を先制する。1点を追う富岡西は、6回、2死一、三塁のチャンスで木村が右翼へ適時二塁打を放ち同点に追いつく。
 
 そして7回、リードを奪ったのは東邦。先頭の成沢が振り逃げで出塁すると、山田の送りバントで1死二塁。続く松井のレフトへの適時打で勝ち越すと、2死となってから、石川のセンターへの適時打でリードを2点に広げ試合を決めた。