データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2015年も注目選手多し ドラフト候補、ルーキー……JABA大会で躍動した期待の星【横尾弘一の「プロにつながる社会人野球」】

雨に悩まされながらも、秋の日本選手権出場権をかけたJABA大会が各地で行われた。各地でルーキーが躍動。今後ドラフト候補にもあがりそうな、社会人野球期待の星たちをクローズアップする。

2015/04/23

text By

photo

宮野敦子

タグ:



JABA四国大会で存在感を示したルーキー

 4月の社会人野球は雨に祟られている。日本選手権への出場権をかけたJABA大会も予定通りに消化できた大会はひとつもなく、4月2日に開幕した静岡大会は実に5日も延期され、決勝は予定になかった磐田城山球場で行われるなど、運営側もひと苦労だった。

 もちろん、雨の中で強行された試合も多く、選手の集中力や対応力が大いに問われることになった。そうした中でも、プロを目指す若手選手たちは目立つパフォーマンスを発揮した。

 四国大会では、新日鐵住金かずさマジックが投打に圧倒的な力を見せつけた。リーグ戦はJR九州、三菱重工名古屋に加え、今大会から出場することになった四国アイランドリーグPlusの香川オリーブガイナーズと同組。JR九州と三菱重工名古屋が香川と延長タイブレークの死闘を繰り広げる中、新日鐵住金かずさマジックは香川を7-2と一蹴。JR九州と三菱重工名古屋にも快勝して準決勝に進出すると、ツネイシ、セガサミーにコールド勝ちで初優勝を果たした。

 米田真幸主将が「どこが相手でも自分たちの野球ができた」と振り返る戦いの中で、昨年から注目される左腕・加藤貴之を凌ぐ快投を披露したのが、ルーキーの玉井大翔だ。東農大北海道オホーツクで風張 蓮(東京ヤクルト2位)と二枚看板だった右腕は、コンスタントに140キロ台後半を叩き出すストレートを軸にリリーフで存在感を示した。

玉井大翔投手

 ちょっとした“事件”が起きたのは静岡大会だ。優勝候補の一角・NTT東日本はリーグ戦で2連勝したが、このあと天候が一気に悪くなり、第3戦は4月9日までずれ込む。
 実は、この日から日立市長杯大会に出場することになっていたため、苦肉の策で28名の選手を2つに分け、両大会を同時に戦うことになった。それでも、ヤマハを延長10回タイブレークで破って準決勝に進出。準決勝ではHondaにコールド負けしたが、思わぬアクシデントの中、選手層の厚さを示すことになった。

 そのNTT東日本に大勝したHondaでは、2年目の石橋良太投手が躍動。3月の東京スポニチ大会でも2完封をマークしている若きエースは、この大会でも2試合に先発し、いずれも1失点の好投で優勝の原動力になる。また、今季から主将を務める阿部寿樹は、パンチ力のある打撃と安定したショートの守備でチームを牽引。4年目で26歳になるが、まだまだスカウトは熱い視線を送っている。

石橋良太投手

スポンサードリンク

1 2 3
shiro