データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【きょうの甲子園・第9日】大阪桐蔭が2回戦で沖学園と対戦、佐久長聖VS高岡商、近江VS前橋育英

2018/08/13

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



 第100回全国高校野球選手権記念大会は13日(第9日)、2回戦3試合が行われる。
 
第1試合(午前9時30分)大阪桐蔭(北大阪)―沖学園(南福岡)
 
 優勝候補の大阪桐蔭(北大阪)が2回戦に挑む。注目は先発投手だ。1回戦で1失点完投した柿木蓮、遊撃を務める根尾昂、大型左腕の横川凱を擁す。西谷浩一監督はどういう選択をするか。1回戦の作新学院戦では、相手2番手の左腕投手に苦手意識を露呈した打線。だが、ここ一番での勝負強さが光った。3番・中川卓也、4番の藤原恭大、5番・根尾昂の左打者トリオが沖学園の右投手陣に襲い掛かる。
 
 対する沖学園は、1回戦の北照戦で15安打を放って甲子園初勝利を挙げた。活発な打線は6人がマルチ安打を記録。大阪桐蔭投手陣を打ち崩せるか。初回から果敢に攻めていきたい。投手陣は、エース・斎藤礼が初戦10安打を浴びるも粘り強いピッチングで2失点完投。継投を視野に入れながらの戦いになるだろう。
 
第2試合(12時00分)佐久長聖(長野)-高岡商(富山)
 
 1回戦で春夏通して史上初となるタイブレークを制した佐久長聖。緊迫した試合を乗り越えた強さは大きな財産になるはずだ。元PL学園の指揮官・藤原弘介監督は、2回戦でいかなる試合運びを見せるか。投手陣は継投をうまく使いたいところ。攻撃は、好調な上位打線を得点につなげたい。
 
 高岡商も複数投手を擁する。総合力で相手を上回りたい。エース・山田龍聖は、1回戦で両足をつるアクシデントに見舞われたが、プロ注目の左腕だ。右サイドの大島嵩輝もいる。打線は1回戦の佐賀商戦では6安打4得点の効率の良い攻めを見せた。勝負所をしっかり見極めたい
 
第3試合(14時30分)近江(滋賀)-前橋育英(群馬)
 
 近江は1回戦で優勝候補の智弁和歌山を破り、勢いに乗る。初戦で2本塁打を放った4番・北村圭吾の打棒に注目だ。1、2番がチャンスメークして北村に回したい。投手陣は、打線をどう分析して、マネジメントするか。多賀章仁監督の手腕も注目だ。
 
 前橋育成はエース・恩田慧吾の出来が鍵を握る。初戦の近大付戦で完封勝利を挙げた恩田。強力・近江打線とどう組むかが最大のポイントになるだろう。打線は1回戦では5安打とやや苦戦した。相手より1点多くという気概で臨みたい。
 
 
氏原英明