データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



済美、タイブレークで逆転サヨナラ満塁弾! 2点追う延長13回に矢野の大飛球がポール直撃【全国高校野球】

2018/08/12

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第8日 第3試合 2回戦 ○済美13×―11星稜●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は12日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第3試合ではタイブレークの末に済美(愛媛)が逆転サヨナラ満塁本塁打で星稜(石川)を破って3回戦進出を決めた。
 
 OBの松井秀喜さんが見守る中で開幕戦に勝利した星稜の勢いは、この試合でも衰えなかった。初回に南保良太郎(3年)のタイムリー安打で先制すると、その後も主将の竹谷理央(3年)、鯰田啓介(3年)、山瀬慎之助(2年)にもタイムリーが飛び出し一挙5得点。試合の主導権を握った。
 
 投げては、先発の奥川恭伸(2年)が140キロ台後半の速球を武器に4回1失点。4回を投げ終えて足を攣りそのまま交代したが、後を受けた佐藤海心(3年)、山口来聖(3年)がともに無失点と好投。
 
 済美は、3回に1点を返した後は4回、5回、7回に走者を置くも得点には繋げられず。先発の山口直哉(3年)が6回以降無得点に抑える中でなかなか援護ができない。
 
 しかし、8回に星稜の4番手・竹谷から無死一、二塁のチャンスを作り、中井雄也(3年)が左前タイムリー安打を放って1点を返すと、なおも1死一、二塁から主将の池内優一(3年)もタイムリー安打。さらに満塁から山口直哉は押し出し死球で7-4と3点差に迫る。
 
 そして星稜の投手が寺西成騎(1年)に変わる中で、2死満塁から武田大和(2年)が内野安打で2点、続く政吉完哉(3年)が一、三塁からレフトポール際へ3ラン本塁打を放ち、この回8得点。済美が9-7と試合をひっくり返した。
 
 この試合初めて追う立場になった星稜は、1死から連続安打で一、二塁とすると、竹谷が中前タイムリー安打で1点差。さらに鯰田が左前へポトリと落ちるタイムリー安打を放って9-9の同点に追い付いた。
 
 試合はそのまま今大会4試合目となる延長戦へ。延長12回、済美は安打と四球、敬遠で1死満塁のチャンス。ここで星稜6番手の寺沢孝多(2年)が、徳永幹太(2年)、武田を気迫の連続三振。スコア9-9でタイブレークに突入した。
 
 タイブレークで無死一、二塁で始まる延長13回。済美は、愛媛予選からここまで1人で投げ抜き、この試合でも174球を投げてきた山口直哉がマウンドへ。星稜は、東海林航介(2年)が一ゴロで走者はそれぞれ進塁し1死二、三塁。続く河井陽紀(3年)はボテボテの三ゴロ。サードの池内はホームへ返球したが、三塁走者の生還がわずかに早く1点を勝ち越した。さらに佐々井光希(3年)がスクイズを成功させ、11-9と点差を広げた。
 
 対する済美は、先頭の政吉がサードへセーフティーバントを決め内野安打。無死満塁と絶好のチャンスを作る。ここで矢野功一郎(3年)がカウント1-2からの6球目、ライトポールに当たる劇的な逆転サヨナラ満塁本塁打。済美が13-11で激闘に決着を付けた。