データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



佐久長聖、初タイブレークで延長14回の死闘制す 旭川大高は再三の好機逸する【全国高校野球】

2018/08/06

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , ,



<第2日 1回戦 ○佐久長聖5―4旭川大高●>

 第100回全国高校野球選手権記念大会は6日、阪神甲子園球場で第2日を迎え、第4試合の1回戦では今大会初採用のタイブレークの末に佐久長聖(長野)が5-4で旭川大高(北北海道)を下して勝利。2回戦進出を決めた。
 
 試合は初回から動く。2年ぶり出場の佐久長聖が相手の失策と西藤慶人(3年)のタイムリー安打で2点を先制。一方の旭川大高も、2回に沢口魁人(3年)のタイムリーで1点を返し2-1とした。
 
 そして3回、旭川大高は2死から四球と安打で一、三塁のチャンスを作ると、持丸泰輝(2年)の打席で投手の林虹太(3年)が暴投し三塁走者が同点のホームイン。さらに持丸が勝ち越しのタイムリー安打を放って、3-2と逆転に成功した。
 
 しかし、佐久長聖も8回に2死から一、二塁とし、ここで西藤が放ったレフトへの飛球を持丸が落球。ボールが転がる間に2人の走者が生還して4-3と再逆転に成功した。
 
 再び追う立場になった旭川大高は9回、1死二塁から中筋大介(3年)がレフト線ギリギリに落ちる同点タイムリー安打を放って土壇場で4-4の同点に追いついた。なおも2死二、三塁となって菅原礼央(2年)が左中間への打球を放ったが、これをレフトとセンターが交錯しながらもレフトが執念の捕球。3アウトとなり、試合は今大会初の延長戦に突入した。
 
 旭川大高は、延長10回の満塁、11回の二、三塁の好機を作るも、佐久長聖の堅守の前に無得点。試合は延長12回でも決着つかず、今大会から導入されたタイブレークを初適用した。タイブレークは、無死一、二塁から攻撃が始まり、打順は継続。走者は前の打順の2人が務め、投手は1人が15回を超えて投げることはできない。
 
 延長13回、まず先攻の佐久長聖は、代打の大池祐斗(3年)が送りバント失敗。その後満塁となり、鈴木大河(3年)が空振り三振、上原怜央(3年)が二ゴロに倒れて無得点。一方の旭川大高は、平沢永遠(3年)が送りバントを成功させ1死二、三塁とするも後続が捕邪飛、投飛に倒れて無得点に終わった。
 
 延長14回、佐久長聖は先頭の真銅龍平(3年)が試みた送りバントがラインを切れず内野安打となって満塁となる。そして、続く上田勇斗(3年)が打った二ゴロの間に三塁走者が生還して5-4と1点を勝ち越した。
 
 直後の旭川大高の攻撃は、先頭の持丸が三ゴロで三塁封殺。続く楠茂将太(3年)が二ゴロ、4-6-3と渡って併殺が完成し、3アウトで試合終了。佐久長聖が5-4で高校野球史に残る勝利を収めた。