データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





広陵・中村奨成、求む”我慢の育成”。日本背負う強肩強打の捕手になりうる逸材に【小宮山悟の眼】

今夏の甲子園でブレークを果たした広陵・中村奨成捕手。きょう9月1日に開幕する「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の代表メンバーにも召集され、さらなる活躍に期待が高まる。

2017/09/01

text By

タグ: , , , , , , ,



走攻守に文句のつけようなし

 今夏の甲子園は、広陵の中村奨成捕手が一大会6本塁打、大会最多安打記録タイをマークするなど、一躍注目を浴びた。今年のドラフトと言えば、早実の清宮幸太郎内野手が騒がれてきたが、ここへきて中村が清宮と双璧をなしている。
 
 私がみたところ、中村は走・攻・守に文句のつけようのない逸材だ。甲子園の舞台で見せた打撃、走塁、守備はずば抜けたものだった。ポジションは捕手だから、城島健司氏や古田敦也氏クラスの選手が登場したと評価していい。
 
 甲子園では清原和博氏が持っていた本塁打記録を塗り替えたことで、ホームランバッターに見られがちだが、ホームランが量産された大会の中で出た記録という捉え方が妥当だろう。しかし、あれだけヒットが打てて、少しでも甘い球は逃さず長打にするセンスは認めるべきだ。
 
 現在のプロ野球界には強肩強打の捕手があまりいない。アマチュア時代に騒がれたことがあっても、バッティングのいいキャッチャーはそれを生かすためにコンバートに走る傾向がある。
 
 西武の森友哉捕手が出てきた時は、彼こそ強肩強打の道を歩むと期待されたが、現在は「捕手としては厳しい」というレッテルを張られている。いかにして我慢して育てられるかだろう。

スポンサードリンク

1 2