データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



阪神から指名、糸原健斗の武器は走攻守高い平均点。信念と努力で自分の進んだ道を正解に

阪神タイガースにドラフト5位で指名された糸原健斗(JX-ENEOS)は、プロからの指名を信じて取り組んできた日々の努力が実を結んだ。

2016/11/20

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , ,



不断の努力がプロへの道を切り開く

 しかし、調査書の提出を求められた球団に、阪神があると聞いて光が差した思いがした。新たに就任した金本知憲監督が、絶対的なショートの鳥谷 敬を休ませ、北條史也を起用するなど世代交代に着手し、セカンドやサードに新戦力を求めてくるのが明らかだからだ。また、昨年は明大から髙山 俊と坂本誠志郎をドラフト指名しており、スカウトが糸原のプレーを大学時代から見ている。果たして、他の11球団が投手を1位で入札する中、阪神だけが内野手の大山悠輔(白鴎大)を一本釣りする。やはり、内野手の補強が重点ポイントなのだと明らかになると、5位で糸原の名前が呼ばれた。

 ドラフト直後に取材すると、JX-ENEOSのOBである久慈照嘉コーチが糸原に関心を持っていたこと、内野の複数ポジションをこなせる柔軟性も評価されたことなどがわかる。結局、糸原は不断の努力で自分の進んだ道を正解にしてみせたのだ。

「チームの勝利に貢献できず、日本代表にも入れなかった。社会人の2年間には悔しさばかりが残っています。でも、自分自身に妥協することはなかった。このチームからプロ入りした先輩の石川さんのように、しっかり練習に取り組んでいればチャンスはあると信じていましたから」

 何があっても自分の思いを曲げず、チャンスをつかむ準備を怠らないこと。糸原の2年間を見てきて、この部分では誰にも負けない選手であり、プロでも持ち味になるはずだと感じる。走攻守すべてに高い平均点の安定感をマークする糸原が、猛虎の一員としてどんな存在感を示してくれるのか、今から楽しみにしたい。

1 2 3



  • 記者募集