データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



埼玉アストライア加藤優、前期打率.419。目指すは最優秀新人賞【花になれ#3】

女子プロ野球、埼玉アストライアのルーキー加藤優。ルーキーイヤーとなる今シーズンは16試合に出場し、いずれも途中出場ながら10試合連続安打を記録するなど、4割を超える打率をマークした。規定打席まであと僅かで、最優秀新人賞は射程距離内である。チームは前期最下位で終わってしまったが、アストライアにとっては後期の本拠地開幕シリーズで7月17日に今シーズン最大のキャパシティを誇る神宮球場(対兵庫ディオーネ)という大一番が控えている。 前期の振り返りや最優秀新人賞を目指す後期の意気込み、そして女子野球ワールドカップについて語ってもらった。

2016/07/01

text By

photo

どら増田

タグ: , , , , , ,



他球団で意識する選手はディオーネ中田

(私が所属している)埼玉アストライアは前期最下位になってしまったんですけど、優勝した兵庫ディオーネは里選手、宮原臣佳選手と先発ピッチャーの存在感が強い印象があります。アストライアは苦手意識がすごくあったと思うんですね。もちろん、対策はしていたけど里さんを打ち崩すことはできなかった。

 ディオーネで意識している選手は、同い年の中田友実選手。中田選手は3年目なんですが、育成のレイアから今年昇格したのでリーグ規定で最優秀新人賞の対象選手になるんです。今、首位打者で守備もうまいのでかなりの強敵ですが、どちらかが引退するまでは意識するでしょうし、新人賞レースも負けたくないです。

 2位のフローラの印象は各々の仕事をキッチリやるイメージがあります。チーム力をすごく感じますね。あとフローラといえば小西美加選手。アマチュアのときから尊敬していて、私はジャパンカップに3回出させていただいたんですけど、そのうち2回はフローラが相手で、小西さんと対戦する機会もありました。それがキッカケでSNS上で交流するようになって私がメディアに注目されはじめて何かを投稿した時に、小西さんが「優ちゃんにしかできないプレーを作り上げていこう」と励ましのメッセージをくれたんですね。ジャパンカップの感想をアップしたときにも、「また戦いたいのはあなたです」と書いてくれて、今年プロで初めて当たったときは見逃し三振に終わったんですけど、レジェンドの小西さんとプロの舞台で戦えたことはすごくうれしかったです。

1 2 3 4


  • 記者募集