データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





JABA東北大会VはJX-ENEOS。新人11名採用、都市対抗史上最多11回の優勝を誇る名門が新たな歴史の構築へ【横尾弘一のプロにつながる社会人野球】

5月7日から仙台市民球場、石巻市民球場で第47回JABA東北大会が開催され、JX-ENEOSが優勝した。

2016/05/20

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



11名の新人を採用し、戦力補強に成功した名門

 都市対抗二次予選前最後のJABA大会となる第47回JABA東北大会が、5月7日から仙台市民球場、石巻市民球場を舞台に開催された。投打に戦力が充実してきた日本製紙石巻がリーグ戦に3連勝して一番乗りで準決勝に進むと、昨年優勝の日本生命に快勝した七十七銀行も4強入りする。惜しくもリーグ戦突破はならなかったが、JR東日本東北やTDKは2勝を挙げるなど、東北勢が目覚ましい躍進を見せる中、JX-ENEOSがスキのない戦いぶりで3大会ぶり3回目の優勝を飾った。

 都市対抗史上最多11回の優勝を誇る名門中の名門は、田澤純一(現ボストン・レッドソックス)を擁した2008年に13年ぶり9回目の優勝を果たすと、2012、13年には連覇を成し遂げ、近年の社会人野球も力強く牽引する存在だ。昨年、9年間率いた大久保秀昭監督が慶應義塾大監督に転じたため、新たに和嶋利博監督が就任。数多の栄冠を手にしたチームから新たな歴史を築くことができるチームへの転換を目論み、今季は実に11名の新人を採用する。特に昨年のドラフトで上位指名が有力と見られながら、まさかの指名漏れに終わった左打ちのスラッガー・谷田成吾は大きな関心を集めた。

 3月の東京スポニチ大会では、早くもそのルーキーたちが頭角を現す。リーグ戦第1戦に同志社大出の柏原史陽、第2戦は立教大出の齋藤俊介、さらに第3戦も木更津総合高出の18歳・鈴木健矢と、すべてルーキーを先発に立て、谷田をはじめとする野手も含めて8名の新人を起用。2勝1敗で3チームが並び、総失点の比較で準決勝には進めなかったが、和嶋監督の育てながら勝利も追求する積極的な選手起用は、着実にチーム力のアップにもつながる。

 4月の四国大会では、リーグ戦第1戦で四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスと対戦。先発の柏原が5安打1失点で完投すると、四番の谷田はグランドスラム、三番を任された法政大出の若林晃弘も4安打2打点と投打にルーキーが躍動し、7回コールドの14-1と大勝する。その勢いのまま3連勝で準決勝に進出し、今度は柏原が4安打シャットアウトで長年のライバル・日本生命に5-0で快勝。決勝は東京ガスに完敗だったが、あと一歩で日本選手権への出場権(優勝チームに与えられる)を手にできなかった悔しさを糧に、5月の東北大会ではどういう戦いを見せてくれるのか期待は高まった。

スポンサードリンク

1 2 3