データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



早稲田、六大学野球リーグ戦3連覇へ。課題は重信や茂木ら6人が抜けた野手陣に

昨年の東京六大学は春秋ともに早稲田が制した。重信や茂木をはじめ、スタメンだった4年生が6名抜けた今年、どんな野球を見せるのだろうか。

2016/04/09

text By

タグ: , , , , , ,



重信の後釜は誰に?

 内野陣はショートの石井は不動。守備のスペシャリストと言っていい真鍋(4年・早実)はセカンドで落ち着きそう。サードは木田(4年・成章)と江間(4年・早実)の争いだが、リーグ経験のある木田が一歩リード。打撃力も要求されるファーストには立花(4年・千葉英和)がシュアなバッティングで台頭してきた。リーグ戦出場経験のある佐藤(3年・瀬戸内)がいるが、オープン戦中盤以降、立花が5番に入り、打点を挙げるなどポジション争いを制しそうだ。

 外野手はセンターの守備力の高い中澤は盤石。ライトに三倉(3年・東邦)が入りそうで、レフトは八木(3年・早実)と長谷川(3年。仙台育英)の争い。三倉は高校時代から強打で鳴らし、やっと頭角を現してきた。社会人対抗戦の日本通運戦で放ったレフトへの一発がその潜在能力を示した。

 八木は開花の待たれる足もある右の大砲候補。長谷川は高校時代、甲子園でも3番を打った俊足巧打の左打ちだ。

 去年の重信のようなうってつけの1番が現状では見当たらない。1番から真鍋、吉見、中澤、石井、立花、三倉、八木、木田、投手というスタメンラインナップがオープン戦では多かった。1番に長谷川か八木、2番に真鍋、吉見を7番という打順も足を生かせそうだ。

 明るい材料として、昨秋シーズン、打率1割にも満たなかった中澤に復調の兆しが見えること。オープン戦では本来の鋭いライナーで外野手の間を抜ける打球が戻ってきている。3番でチャンスを広げられれば得点能力も上がる。

 清宮とともに甲子園を沸かせた注目1年生の加藤(1年・早実)は唯一ルーキーでベンチ入りしそうだ。オープン戦でタイムリーを放つなど打撃は上級生と遜色ない。ただ捕手から一塁手にコンバートされそうで、代打の起用でとどまりそうだ。

【次ページ】投手陣は今年も安泰
1 2 3


  • 記者募集