プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



ドラフト候補続々…神宮大会、注目大学生野手5人(2)来秋のドラフト上位候補の捕手

2022/11/17

text By

photo

産経新聞社



明治神宮大会最新情報

 18日に開幕する第53回明治神宮野球大会。大学の部にとっては現チームの集大成を見せる場、高校の部にとっては来春選抜の前哨戦ともいえる舞台で、アマチュア野球シーズンを締めくくる一大イベントだ。今回は、大会に出場する大学生野手の注目選手を紹介する。

 

 

進藤勇也(上武大3年)


 
 大学日本代表で3年生ながら正捕手を務め、来秋のドラフト上位候補に挙がる強打の捕手。明治神宮大会でも攻守にわたる活躍に期待がかかる。
 
 筑陽学園高では3年次に春夏ともに甲子園の土を踏み、選抜で創部初の準々決勝進出に貢献するなど躍動。大学でも期待通り2年春から正捕手の座を掴み、このシーズンには打率.365、3本塁打を記録した。2、3年次には全日本大学野球選手権に出場し、ここでも高打率をマークしている。
 

 
 関東地区大学野球選手権では主将としてチームを牽引し、猛者が集うこの大会で頂点に立った。春の全日本選手権は準優勝に終わったが、今度こそ日本一にたどり着きたい。