プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【春の甲子園2022】センバツ投打の個人タイトル選手を選出! 各部門最高成績を残したのは?|第94回選抜高校野球大会

2022/03/31

text By

photo

産経新聞社



春の甲子園最新情報(高校野球最新ニュース)

 第94回選抜高等学校野球大会は31日、阪神甲子園球場で最終日を迎え、大阪桐蔭(大阪)の優勝で幕を閉じた。ここでは大会を振り返る意味を込めて、集計した投打成績の個人タイトル選手を選出した。

 

 

打率部門(ベスト8以上、試合数×3.1打席以上)

金田優太(浦和学院) 打率.647(17打数11安打)

 
 大会首位打者に輝いたのは、浦和学院(埼玉)の金田優太。17打数で11安打を放ち、打率.647をマークした。また放った安打のうち長打は5本(4二塁打、1本塁打)と、パンチ力も光った。

 金田に次ぐ率をマークしたのは、大阪桐蔭(大阪)の丸山一喜と谷口勇人だ。ともに打率.600を記録した。丸山は大会記録に並ぶ8打席連続安打を放つなど猛打を発揮。谷口は、9安打中4本が長打(1二塁打、1三塁打、2本塁打)で、OPS1.914(出塁率.714+長打率1.200)は、最高の数字だった。

1 2 3 4 5 6