プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



(野手編)春のセンバツ甲子園2022、プロ注目選手は誰? 必見のドラフト候補5人を紹介【第94回選抜高校野球大会】

2022/03/15

text By

photo

産経新聞社



選抜甲子園に出場する超高校級の逸材は?

いよいよ18日に始まる第94回選抜高等学校野球大会。各地区代表出場32校(21世紀枠含む)が、センバツの頂点をかけて熱戦を繰り広げる。今回は、開幕に先立って今秋のドラフト候補にも挙がる新3年生の好打者たちを紹介していきたい。

 

 

松尾汐恩(まつおしおん)

所属(学年):大阪桐蔭高(新3年)
出身:京都府
投打:右投右打
ポジション:捕手
 
 元々は遊撃手だったが、1年秋から捕手に転向。翌年の選抜で甲子園デビューを果たすと、夏には正捕手として再び聖地甲子園へ。下位打線ながら大舞台でバックスクリーン弾を放つなど実力を発揮した。

 新チームとなった昨秋からは3番に座り、神宮大会では3試合で打率.615、2本塁打をマーク。特に決勝の広陵戦では、“サイクル超え”となる4安打4打点(2本塁打、1二塁打、1単打)とその打棒を爆発させ、全国にその名を轟かせた。チームを神宮初制覇へと導いた立役者が、甲子園の舞台でも躍動する。

1 2 3 4 5