プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



センバツ甲子園2022の主役は誰だ! 今大会“豊作”は捕手。大会注目キャッチャー3人を紹介【第94回選抜高校野球大会】

2022/03/03

text By

photo

産経新聞社



春の選抜甲子園 注目選手は?

 

今月18日に開幕を控える第94回選抜高等学校野球大会。各地区代表計出場32校(21世紀枠含む)が、センバツの頂点をかけてしのぎを削る。上位進出に欠かせないのが、”扇の要”の存在だ。今大会にも攻守で輝きを放つ超高校級捕手たちが出場を決めている。そこで今回は、特に大きな注目を集める3人のキャッチャーを紹介したい。

 

 

野田海人(のだかいと)


 
所属(学年):九州国際大付属高(新3年)
生年月日:2005年3月18日生まれ
出身:福岡県出身
身長/体重:174センチ/75キロ
投打:右投右打
ポジション:捕手

 プロ注目の強肩を誇る強打の捕手。攻守でチームを牽引する一方、自慢の肩を活かしてMAX146キロの速球を武器に投手もこなす“二刀流”だ。
 
 秋は5番に座り、力強いスイングで打球を飛ばして相手の脅威となった。特に九州大会では、4割を超えるハイアベレージに加え、公式戦初アーチもマークした。1年秋から正捕手に抜擢された逸材は、2年秋から主将も務める。攻守にわたって活躍する「チームの柱」は、選抜大会でも存在感を示せるか。

1 2 3