データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




カープ勝負の夏、カギ握る助っ人陣 緒方監督、外国人選手のチョイスと起用はいかに

どこのチームにも優勝のチャンスがある今年のセリーグ。いよいよ、勝負の夏を迎えた。この混戦を抜け出すうえで、カープ自慢の助っ人陣の活躍がカギを握ることになるだろう。

2015/08/09

text By

タグ: , , , , , , , , ,



admin-ajax

石原との呼吸もぴったりのジョンソン

 6連戦が続くカープの夏は、外国人選手の活躍がチームの浮沈を握りそうである。

 開幕からローテーションを守る左腕・クリス・ジョンソンはこう話す。

「このセリーグは大混戦で、各チームにとって厳しい戦いになっています。1週間で順位がゴロッと変わる。それだけに1試合1試合が大事だし、雨天中止で秋口に順延されたゲームの戦いも非常に大事になると思います」

 彼自身も、7日のジャイアンツ戦では、7回無失点13奪三振の好投を見せるなど、状態は良いようだ。

「キャッチャーの石原とのコンビネーションも良好だし、コンディショニングもうまくいっています」

 そう話す表情はきわめて明るい。

 来日してからトレーナーと意見交換を重ね、中5~6日の間のトレーニングに強弱をつけるようにした。ランニングメニューの量や質にアクセントをつけることで、安定したパフォーマンスを維持している。

 ベテラン捕手・石原慶幸のキャッチングとリードの全幅の信頼置くことで、低めの変化球も大胆に配するピッチングを可能にしている。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@