データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




勝てない!オリ借金10でも、ファンの声は「森脇監督辞めるな!」【どら増田のオリ熱コラム #27】

12日の試合で全球団の対戦カードが一巡した。開幕3連敗でスタートダッシュに失敗したオリックスは、セパ最速で10敗目を喫し、借金も10に膨れ上がった。チーム状況を打破するきっかけはつかめるのか。

2015/04/13

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



森脇監督(ロゴ入り)

苦しいチーム状況でこぼれた弱音

「負けがここまで続くと苦しい。」

 12日の楽天戦で引き分けを挟んだ今季3度目の4連敗を喫し、借金が10になってしまったオリックス森脇監督は、試合後遂に弱音を吐いた。このコメントを発端にファンの間で森脇監督が解任されるのではないか?という心配が高まっている。その大半は、「辞めるな」「辞めさせるべきではない」という意見が占めており、現行の森脇政権でチームを立て直してもらいたいと願っているファンがほとんどと言ってもいいだろう。

 しかしここまで勝ちに見放されているチームもない。リハビリ中の金子はさておき、比嘉、岸田、平野佳寿、ブランコ、ヘルマンとチームの要になる選手が怪我で離脱。楽天戦からようやく当たりが見られて来た打撃陣ではあるが、糸井が打率.175、T-岡田が.167、小谷野が.175と期待の3人が2割も打てないという異常事態。

 昨年まで最強リリーバーの一端を担っていた佐藤達也と馬原もピリッとせず、勝ちゲームを何試合か逃してしまっている。特に佐藤達也はこのコラムでも何度か触れているように、いわゆる「投げすぎ」が不調の原因の一つと思われる上、比嘉と平野佳の離脱により、佐藤達也への負担はさら重いものになってしまっているので、ここまで好投している海田とともにこの先故障しないかとても心配だ。

 森脇監督の「苦しい」発言は、楽天戦で2日続けて勝ちゲームを逃したことが大きく影響しているのだろう。今季は12敗中、逆転負けと完封負けが11試合もあり、先制してもピッチャーが守り切れず、打線もあと一本が出ないため逃げ切ることが出来ないという、7回までリードしていれば負けなかった昨年が嘘のような試合を繰り広げている。

 オープン戦で全くダメだったカラバイヨが9日のロッテ戦から怪我で離脱したヘルマンに代わって昇格し、楽天戦からは4番で起用され、打率.385、ホームラン1本の成績を残しているが、カラバイヨ昇格後オリックスに勝ち星はついていない。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@