データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




開幕3連戦でチーム最多打点 2番打者の顔、楽天・藤田一也の9番起用の狙いとは?

開幕カードを1勝2敗と負け越した楽天。大久保新監督は、この3試合で、これまで不動の2番打者だった藤田を9番に起用した。果たしてその狙いとは何なのだろうか。

2015/03/31

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



楽天藤田(ロゴ入り)

9番ながら、チーム最多の3打点

 開幕から藤田一也がバットで元気な姿を見せている。日本ハムとの開幕カードは全戦で9番・二塁先発出場、打撃成績は8打数2安打3打点、2三振、2犠飛。打線の下位を打ちながらも3打点は、チーム最多を記録した。

 見どころはいきなりやってきた。
 大谷翔平との対決になった開幕戦、2回無死満塁でまわってきた今季初打席でチームの今季初得点を叩き出した。初球内角高めスライダーを右翼へしっかり運ぶ先制の右邪犠飛。実は対戦成績19打数3安打の打率.158と二刀流右腕に分が悪く、大谷が繰り出す変化球にはバットを振りにいった半数で空振りを喫していた。しかし、このシーンでは空振りやファウルでカウントを稼がれることも、ましてや打ち損じて凡退することもなく、しっかり適応した。

 4-2でファイターズを降した開幕2戦目では、2打点を挙げて勝利に貢献している。2回2死1、3塁で武田勝のワイルドピッチで先制したイーグルスは、なおも2死2塁のチャンスで打席は背番号6。1-0からの2球目、ベテラン左腕が首を振って投じたアウトコースの速球を打ち返した。まるで狙っていたかのような綺麗なセンター返し。二遊間をゴロで抜けた打球は、二塁走者・松井稼をホームに呼び込む適時打になった。
 2打席目は3点リードの4回無死2、3塁の場面。出てきたばかりの二番手・矢貫に2-2と追い込まれていたが、低め変化球をうまく外野に打ち返す右犠飛でチームに4点目をもたらした。この後1-2と追い込まれた4打席目では、低めの難しい球を見事なバットコントロールで三遊間を破る巧打も披露した。

wakabayashi0330-1

スポンサードリンク

1 2

shiro





@