データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




オリックス・バファローズ、2015補強診断。昨季オフ12球団一番の大型補強を敢行、巨大戦力に

ベースボールチャンネルでは、2015年プロ野球開幕に向けて、各球団の補強動向を診断していく。日本一という目標に向かって、効果的な補強を行うことができた球団は?いよいよパリーグだ。第7回は森脇浩司監督率いるオリックス・バファローズだ。

2015/03/22

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , ,



DSC01859

実績十分な選手を相次いで獲得、主力選手の引き留めも成功

 わずか2厘差、ゲーム差なしでリーグ優勝を逃した昨季の悔しさを晴らすべく、このオフ最もアグレッシブに動いたチームだ。補強費用は総額40億円以上とも言われている。米国帰りの中島裕之(アスレチックス傘下マイナー)、小谷野栄一(日本ハム)と実績十分な右打ち内野手に加え、外国人でもバリントン(広島)、ブランコ(DeNA)と飛車角級を獲得。加えて、国内FA宣言し、ポスティングでのメジャー挑戦の可能性もあったエース金子千尋、国内FA権を得たクローザー平野佳寿の両者とは複数年契約を結び、引き留めに成功した。

【2015年シーズン 戦力入れ替え】

Bs0313

スポンサードリンク

1 2

shiro





@