データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ファイターズ日本一へ導いた、4番の一打。主役・中田の劇中で舞台装置の働きをした大谷【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#41】

10年ぶりの日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズ。主役は大谷でもなく、レアードでもなく、やはりあの男だったのではないか。

2016/11/02

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



F6nakata_batting

大誤算で始まったシリーズ

 第5戦、6戦がどちらも満塁ホームランで決したせいで、終わってみればファイターズの圧勝に見える。だけど、ちょっとキツネにつままれたような感覚もあるのだ。本当にこんなに押し切ってしまっていいのか。ていうか、いつこんなに勢いがついた? 

 いや、もちろん長年のファンとして第6戦、田中賢介がウイニングボールをキャッチした瞬間は絶叫だ。うおお、やったぁーっ。ちなみにそこは京成線の駅ホームだった(イヤホンでラジオ中継を聴いていた)。周囲の人にめっちゃ不審な目で見られたが、いつしか肩を震わせて泣いていた。友人が「この男は日本シリーズで夢がかなっただけなので、別に怖くありません」と説明してくれた。

 だから決して10年ぶりの日本一に感激しなかったわけじゃない。そりゃ泣くよ。今、思い出しても泣けてくる。ただ泣きながらキツネにはつままれていたのだ。だって大誤算で始まったシリーズだ。大谷翔平で初戦を落として僕ら顔面蒼白だったじゃないか。

 今年の日本シリーズは「内弁慶シリーズ」と呼ばれた。地元ファンの熱烈な後押しで知られる両チーム(レギュラーシーズンのホーム勝率を見ても、ファイターズは6割5分、広島は7割を超えている!)だけに「内弁慶」になりそうな気配は濃厚にあったのだが、ファイターズにはもう一つ、気になるデータが存在したのだった。

 北海道に移転して以来、5度目の日本シリーズを迎えるが、過去ビジターで2勝しかしていないのだ。そのいずれも勝ち投手は八木智哉(現・中日)だった。ファンの間で、シカゴ・カブスの「ヤギの呪い」に引っかけ「八木の呪い」と評判が立った。つまり、ファイターズは「内弁慶」で一貫していたのだ。この間、日本シリーズで敗れてきた理由は明白だ。ビジターゲームで勝てない。

 が、今回は事情が違ってるよね、という前評判だった。二刀流の大谷を登板させれば、敵地でDHが使えるのに等しい。すごいぞ、ツイてる。これがパの球場で開幕だったらアドバンテージを失うところだった。初戦と6、7戦のいずれか、二度もアドバンテージが使える。絶対有利だ。広島の皆さんには大谷の剛速球にびっくりしてもらいましょう。これぞ捕らぬタヌキの皮算用ってやつだ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@