データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【日本シリーズ第3戦】延長の末、大谷劇的サヨナラ打で日本ハムが待望の1勝。今季限りで引退の黒田は緊急降板

25日に日本シリーズ第3戦が札幌ドームで行われ、延長10回日本ハムが大谷の右前安打で、4-3のサヨナラ勝ち。このシリーズ1勝目を挙げた。

2016/10/25

text By

タグ: , , , ,



sapporodome2016

今季限りで引退の黒田は緊急降板

 広島が日本一に王手か、本拠地・札幌ドームに戻って日本ハムが息を吹き返すか――第3戦の決着は延長10回までもつれる、セパ王者の意地のぶつかり合いとなった。

 過去2戦と違い、先制したのは日本ハムだった。
 初回、今季限りで引退を表明している広島先発・黒田の立ち上がりを攻める。
 今日2番に入った近藤が右前安打で出塁すると、3番・大谷は3塁横を破る2塁打で1死2、3塁のチャンスをつくる。

 ここで4番・中田は遊ゴロに倒れるが1点を奪う。広島は1点を失っても仕方がないと、前進守備をしかなかった。

 しかし2連勝中の広島には勢いがある。2回表1死、日本ハムの先発・有原から5番・鈴木が左前安打で出塁すると、6番・エルドレッドは右翼へ大飛球。そのままスタンドインとなり、3試合連続本塁打。すぐさま逆転に成功する。

 その後は、両先発投手が好投を見せる。
 しかし、黒田にアクシデントが襲った。6回表、この日2打席連続で安打を許している大谷を左飛に打ち取ったあとに緊急降板。ヘーゲンズが緊急リリーフも、落ち着いて4番・中田を打ち取った。結果的に、黒田は5回2/3で85球4安打1失点だった。

【次ページ】終盤にドラマ

スポンサードリンク

1 2

shiro





@