データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




安易なコンバートは、打てない捕手を増やすだけ!【元ロッテ・里崎智也が語るプロ野球選手論②】

全国のマリーンズファンに不定期でお届けしてきたこのコラムに、今年1年を締めくくるにふさわしい、あの大天使がいよいよ降臨。来季もきっと千葉ロッテマリーンズという球団のために一肌脱いでくれるであろう、我らが里崎智也の、よそでは読めない本音トークに刮目せよ!!

2014/12/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



WBC: Japan v Korea

5回で代打を送られる捕手はレギュラーではない!

──前回のお話のなかで、今季、スタメンマスクを被ることの多かった田村龍弘選手のお話がチラッと出ましたが、2015年シーズンで正捕手の座にいちばん近いのはズバリ誰だと思いますか?

負けてもファンを魅了するのがプロ!【元ロッテ・里崎智也が語るプロ野球選手論①】

里崎 誰も近くないんじゃないですか?(苦笑) 結局、今のままだったら、負けてたら5回で代打。そんなのは、ただ順番に出てるってだけでレギュラーじゃない。終盤の勝負どころで、福浦(和也)さんを出すっていうなら、まだ百歩譲って話はわかりますけど、4打席きっちり立てないうちは、まだまだだと思いますね。

──捕手が打てないのは、マリーンズだけでなく、他の多くの球団にも共通する悩みだと思います。その理由はどこにあるんでしょう?

里崎 やっぱりコンバートしすぎるからじゃないですかね。打力のあるやつを安易にコンバートしてしまうから、打てないやつだけが残っていく。最近だったら、ハムの近藤(健介)とかもそうでしょ? 西武の森(友哉)だって、リードがアカンって烙印を押されたら、ヘタしたらコンバートさせられるかもしれませんよ。打撃を活かすって言うたら聞こえはいいけど、裏を返せば、打てるキャッチャーの守備力をちゃんと鍛える力がないってことを、自ら証明してしまってるようなもんだと思うんですけどね。

──同じ捕手としては、そこは歯がゆいと。

里崎 だって、キャッチャーが打たれへんかったら、セリーグだったら、打順にピッチャーが2人おるのと同じことでしょ? しかも、場合によっては、ピッチャーのほうが打つときさえある。中日とやったときに一度、小田(幸平)にバントさせて、(川上)憲伸さんで勝負みたいなことがありましたけど、やっぱり、対戦してるこっちからしたら「どんな作戦やねん!」って思いますからね(笑)。

心に響いた雑談中の言葉をきっかけに覚醒!

──そんな里崎さんにも、「打てる」ようになるまでにはやはり試行錯誤が?

里崎 そりゃ、当然ありましたよ。狙い球を絞って打つようになって、ようやく人並みに打てるようにはなれましたけど、最初の頃はまったく打てませんでしたしね。

──そこには何かしらのきっかけが?

里崎 確か03年やったと思いますけど、試合中にベンチで雑談してるときに、西武から移籍してきた原井(和也)さんが、伊原(春樹)さんから「来ない球を待ってたところで一生打たれへん。ちょっと頭使って来る球を考えて打ったら、1割打率上がるぞ」って言われたときの話をしてくれて、それがそんときの僕にはやたら響いたんですね。で、そこから、自分の打撃はもちろん、相手のバッテリーのことも勉強してから打つようになって、そしたら、打率が前年の.043から、いきなり.319と、3割近くもハネ上がった。今から考えても、そこの考え方の変化がいちばん大きかったと思います。

──ベンチでの雑談で〝覚醒〟しちゃうあたりが、里崎さんらしいですね。

里崎 3時間も真剣に向き合ってたら疲れてしょうがないんで、基本的に試合に出てないときの僕は、8割ぐらいベンチでしょうもない話をしてるんです。そのときは、残り2割で野球の話をしてたら、たまたま自分にフィットする考え方に巡り合ってしまった。普段はたいてい「あそこ見てくださいよー。ファンの子、何かやってますよー」とか言いながら、ペチャクチャ喋ってるだけなんですけどね(笑)。

スポンサードリンク

1 2

shiro