データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「信じて、つなぐ」カープ野球で25年ぶりV。石井、東出両コーチが打線にもたらした意識革命

広島東洋カープは、10日東京ドームで行われた読売ジャイアンツ戦に6-4で勝利。1991年以来25年ぶり7度目のセリーグ制覇を果たした。

2016/09/10

text By

タグ: , , , ,



admin-ajax0910

一貫した方向性でドラフトで指名した選手が主力選手に

 あの優勝から25年、カープファンにとっては「長すぎる」時間が過ぎていった。なぜなら、FA制度、球界再編問題、主力選手のメジャーリーグ移籍――全ては、この四半世紀に起こったことだからである。

 しかし、球団は一貫した方向性で7度目の優勝を目指してきた。投手を中心とした「守りの野球」、伝統である「機動力」、これがカープ野球なのである。

 ドラフトでは、本格派投手を上位指名し、丁寧に育成してきた。前田健太・野村祐輔・福井優也・大瀬良大地・今村猛……彼らは確実にチームの主力に成長した。野手では、脚力があって、野球をよく知る選手を積極的に指名した。菊池涼介、丸佳浩、田中広輔、鈴木誠也、この顔ぶれだけでも、野手の順調な強化ぶりがうかがえる。

 そんなカープが歳月をかけて培った最高の戦力が、2016年、化学反応を起こした。1、2番打者として野球を考え抜いてきた石井琢朗・東出輝裕ら打撃コーチ陣が打線にもたらした意識は「つなぎ」と「我慢」であった。

【次ページ】後ろの打者へつなぐ

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@