データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




抑えの切り札・増井と捕手・近藤が機能せず。日本ハム、残りシーズン2つの不安【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#32】

交流戦を5位で乗り切り、ソフトバンク追撃態勢をとるファイターズだが、2つの懸念材料がある。

2016/06/24

text By

タグ: , , , , , ,



北海道日本ハムファイターズ8近藤健介

守護神増井の不調が誤算

 交流戦をどうにか10勝8敗(5位)で乗り切って、リーグ戦に戻ったファイターズだ。今年は「5番ピッチャー大谷翔平」が163キロ連発で日本生命賞に輝く等、見どころの多い交流戦だった。打線では中田翔が苦しんだが、その分も下位のレアードが活躍してくれた。さぁ、ソフトバンクを追いかけよう!

 と、サクッと切り替えられたらいいのだが、交流戦の終盤、ちょっと心配になる出来事があった。僕だけじゃなくファンなら皆、同じ気持ちだと思う。増井浩俊と近藤健介が2軍落ちしたのだ。

 このうち増井に関しては当コラムで以前取り上げている。「抑えの切り札」が切り札として機能しないのだ。今季はなかなか調子が安定せず、一度、2軍で調整したのだった。再昇格後は復調したと信じていたのだが、象徴的にはDeNA2回戦、9回裏2死から食らった筒香嘉智2ランだ。矢野謙次の代打ホームランを台無しにする背信のマウンド。

 まぁ、2軍落ち自体はその後の中日3回戦(危うく大谷の勝ちを消しかけた)がきっかけだが、プライドを木っ端みじんにされた感は筒香の一発がはるかに上だ。当面、抑えは「ザ・キリン」ことマーティンが務めることになる。ディフェンスのチームは後ろがしっかりしないと計算が立たない。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@