データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




今永、江越だけじゃない! 13年ぶりの日本一狙う駒大の野球小僧たち

11月14日から始まる『明治神宮大会』。大学の部では、東都大学リーグ屈指の名門・駒澤大が、日本一となった2001年秋以来13年ぶりに全国の舞台へと帰ってくる。投打の柱は間違いなく、3年生エースの今永昇太と4番を打つ江越大賀(阪神ドラフト3位指名)だ。そして、さらに今回はチームの強さを支える「野球小僧」2人にもスポットを当てたい。

2014/11/13

text By

photo

Yu Takagi

タグ: , , , , ,



komazawa

↑チームを支える4年の主力選手たち。前列左から福山亮内野手(主将)、江越大賀外野手、砂川哲平内野手。後列左から齋藤導久外野手、下川知弥外野手、久須美亮太学生コーチ

投の今永、打の江越の二本柱

「正直、ホッとしました」

 リーグ優勝の瞬間の感想を聞くと、そういった声が数多く聞かれた。

「今年のドラフトでも1位指名」という評価まで受ける3年生エース・今永昇太に、下級生時代からチームの主力となっていた4年生の野手陣。OBをはじめとした周囲からの評価がとても高かったここ数年だったが、その期待に結果で応えられずにいた。

 実際に、昨春は優勝まで「あと1勝」と王手をかけながらも敗れ優勝を逃すと、その秋には勝ち点0の最下位で1部2部入替戦を経験。数々の辛苦に耐え、掴んだ13年ぶりの栄冠だった。

 だが今秋は絶対的エース・今永の大活躍(7勝2敗で最高殊勲選手など個人3冠)に加え、これまで不調に陥ることの多かった4番・江越大賀がリーグ戦15試合で打率.357、34塁打と覚醒。

 投打の柱が噛み合ったチームは、全校から勝ち点を挙げる完全優勝を果たした。13年ぶりの日本一奪還へ機運が高まっている。

チームを支えるいぶし銀

 そんな投打の柱とともに、駒澤大の躍進に欠かせない選手がいる。

 それが「9番・遊撃」の4年生・砂川哲平だ。

「砂川さんはグラブさばきも全国トップレベルだと思いますし、目のつけどころが本当に凄いと思います」と、エースの今永が言えば、指揮する西村亮監督も「テレビの野球中継が少なくなったせいか、〝野球を知ってるなあ〟という選手って最近あまりいないんですが、砂川は〝野球小僧〟って感じがしますね」と、その野球勘に信頼を寄せている。

 今季はリーグ最多の8盗塁を記録。青山学院大戦では、相手投手のクセを見抜き、二盗と三盗を次々に決め1試合3盗塁を記録し勝利に貢献した。

 守備は現在遊撃手を務めるが、これまでチーム事情に即して、投手・捕手以外のほとんどのポジションを守り、チームを支えてきた。

 中日ドラゴンズのキャンプ地・沖縄県北谷市で生まれた砂川は、4兄弟全員が甲子園に出場したという野球一家(次男が哲平、四男・修は沖縄尚学で今春・夏ともに沖縄尚学で甲子園出場)で育ち、大分・明豊高では1年先輩の今宮健太(ソフトバンク)とともに甲子園で活躍するなど、冷静な野球眼と大舞台での経験はチームにとっても大きな存在だ。

 少年時代から当時中日に所属していた井端弘和に憧れ、食い入るようにプレーを観ていたという砂川は「僕は目立たなくていいので」と謙遜するが、「野球人生初の日本一になって自分の人生を変えたい」という大きな野望も持っている。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@