データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




高橋信二、さすがの打撃技術 独自採点で第1回プロ野球12球団トライアウトを振り返る(野手編)

11月9日に第1回プロ野球12球団合同トライアウトが行われた。当日トライアウトを取材した中島大輔氏の視点で、参加選手のプレー内容を評価してみた。今回は野手編をお送りする。

2014/11/11

text By

photo

baseballchannnel

タグ: , , , , , , ,



DSC_0222のコピー

阪神・森田は長打力でアピールに成功

 

 昨日に続き、11月9日(日)、草薙球場で第1回プロ野球12球団合同トライアウトについて独自採点を試みた。
 投手に続けて、野手編。それぞれ5~6打席立ち、違う投手と対戦した。主に打撃結果と内容から採点している。

 主に打撃結果と内容から採点している。

 評価は「A=まだ活躍できる」「B=可能性あり」「C=このままでは厳しい」としている。エラーは「アウト」としてカウントし、カッコ内に詳細を記している。
 なお、トライアウトはカウント1-1からのスタートとなっている。

—————————-

捕手
1)井野卓(巨人)
採点:C 結果:一ゴロ、二ゴロ、空三振、右安打、二飛
寸評:甲藤には力で押し込まれ、井坂には外角低め速球で詰まらされた。陳の外角低めスライダーをうまく押っ付けてライト前安打を放ったが、打力的に厳しい

2)田中大輔(中日)
採点:C 結果:二飛、遊飛、中飛、右飛、空三振
寸評:根本のスライダー、八木の速球に詰まらされて内野フライ。鈴木には緩急をつけられて空振り三振。打力が弱い

3)庄司龍二(オリックス)
採点:C 結果:一邪飛、空三振、二ゴロ、見三振、中安打、右飛
寸評:塚田、星野に130km台の速球で詰まらされる。東野のシュートには腰が引けて三振。山崎の高めのスライダーをセンターに弾き返したが、凡退の内容が悪い

4)横山徹也(独・愛媛、元オリックス)
採点:C 結果:右飛、二ゴロ、中飛、遊ゴロ、左飛
寸評:荻野、西村に130km台の速球で詰まらされる。辻から打ったレフトフライは芯でとらえたが、内容的に乏しい

5)尾崎匡哉(日本ハム)
採点:B 結果:右飛、四球、中安打、左本塁打、投ゴロ、四球
寸評:眞下の投じた137km、真ん中高めに甘く入った速球を見逃さず、芯でとらえてレフトに本塁打。スイングに力強さを感じた

内野手
1)森田一成(阪神)
採点:A 結果:右安打、左飛、二ゴロ、中本塁打、右安打、四球
寸評:打った瞬間本塁打とわかる当たりでバックスクリーンに突き刺した。左腕の有馬が投じたスライダーをうまく回転で打ち、走者を三塁に進めた打撃も高評価

DSC_0222のコピー

2)中田亮二(中日)
採点:B 結果:右本塁打、二ゴロ、二飛、左飛、一ゴロ、一ゴロ、右安打
寸評:本塁打、安打ともにストレートへの強さを見せた。打撃力があるのは証明したが、問題は守れるポジションが一塁のみの点。三塁守備では凡ミスを見せた

3)森越祐人(中日)
採点:B 結果:右安打、左安打、三内野安打、死球
寸評:塚田の外角低めスライダー、川﨑のチェンジアップにうまく対応してクリーンヒット。一軍実績がなく、来年27歳という点をどう評価されるか

4)又野知弥(ヤクルト)
採点:C 結果:四球、投ゴロ、左安打、空三振、見三振
寸評: 藤谷の外角低めストレートをうまく拾ってレフト前安打としたが、八木のスライダーに詰まらされて投手ゴロ、井上、鈴木の三振は完璧に抑えられた

5)松冨倫(ソフトバンク)
採点:C 結果:右中三塁打、見三振、空三振、中飛、四球
寸評:梅津の速球を芯でとらえ、逆方向に長打。小林もスライダーには腰が引けて見逃し三振、矢地には速球、フォークで完璧に仕留められた

6)高橋信二(オリックス)
採点:A 結果:右安打、空三振、左安打、二ゴロ、中安打、三飛
寸評:3安打は富永の外角スライダーをライトへ、星野の136km速球をレフトへ、佐藤には追い込まれてから内角高めの141kms速球をセンターへ。さすがの打撃技術

DSC_0180のコピー

7)東弘明(オリックス)
採点:C 結果:四球、中飛、四球、空三振、空三振、四球
寸評:甲藤にはスライダーで芯を外され、井上のフォーク、有馬の速球に三振。3四球は不運だったが……

8)角晃多(ロッテ)
採点:C 結果:四球、二ゴロ、空三振、遊飛、四球、中飛
寸評:星野に窮屈な体勢で空振り三振。富永、眞下と球威に欠けるストレートを前に打ち返せなかった

外野手
1)加治前竜一
採点:C 結果:四球、三邪飛、四球、見三振、右飛、左中二塁打
寸評:木村の甘い速球を左中間に弾き返したが、小林の速球に詰まらされて三塁ファウルフライ、冨田にはシュートに手が出ず見逃し三振。厳しい球に対応できなかった

2)野原祐也(独・富山、元阪神)
採点:C 結果:四球、死球、二ゴロ、二ゴロ、左安打
寸評:有馬の外角低め138km速球をうまく押っ付けてレフト前安打としたが、西村には内角低め138km速球でショートゴロなど内容乏しい

3)井藤真吾(中日)
採点:C 結果:投ゴロ、空三振、一ライナー、※ファウルが頭部に当たり退場、四球、右飛
寸評:江尻、川﨑にタイミングを外され、崩されたスイングで凡退。西村から放ったファ?ストライナーはいい当たりだったが、打球の勢いが少し弱かった

4)堂上剛裕(中日)
採点:C 結果:三飛(エラー)、見三振、一ゴロ、二飛、空三振、右邪飛
寸評:梅津、小林、矢地の速球に力負け。陳、伊藤の抜いた変化球にもタイミング合わず、見せ場はシートノックでの強肩のみ

5)宋相勲(中日)
採点:C 結果:捕邪飛、右安打、左飛、空三振、二飛
寸評:江尻には初球、外角低めの難しい143km速球に手を出しファウルフライ。川﨑のスライダーをうまく逆方向に弾き返すも、そのほかの打席の内容がよくない。

6)佐藤貴規(ヤクルト)
採点:C 結果:空三振、一邪飛、二ゴロ、空三振、二内野安打
寸評:最終打席で伊藤の速球を芯でとあえて内野安打を放ったが、甲藤の内角速球に対応できないなど、打撃力が厳しい

7)安田圭佑(ソフトバンク)
採点:C 結果:四球、投ゴロ(エラー)、二飛、四球、四球
寸評:押本の速球に詰まらされ、星野のスライダーにタイミングずらされる。打力が足りない

8)西川拓喜(オリックス)
採点:C 結果:中飛、四球、見三振、見三振、遊ゴロ(エラー)
寸評:塚田の133km速球に差し込まれ、東野のスライダーには手が出ず。打撃にいいところなし

9)深江真澄(オリックス)
採点:C 結果:空三振、空三振、投ゴロ、四球、中飛
寸評:江尻の内角速球に体勢崩されて三振、川﨑の外角スライダーにはタイミングを外される。打力的に厳しい

10)村田和哉(日本ハム)
採点:C 結果:中安打、空三振、二ゴロ、三ゴロ(エラー)、右飛
寸評:梅津の140km速球をうまくセンターに弾き返したが、小林の速球に中途半端なスイングで三振、冨田の速球に詰まらされるなど、打力不足

11)神戸拓光(ロッテ)
採点:C 結果:一ゴロ、遊ゴロ、左飛、四球、右二塁打、四球
寸評:鈴木の134km速球をうまく回転で二塁打としたが、根本の133km速球、八木のスライダーに詰まらされるなど、荒さが目に付いた

12)星秀和(独・群馬、元西武)
採点:B 結果:右本塁打、見三振、左飛、遊内野安打、左飛
寸評:根本が初球に投じた136km速球を思い切り振り、レフトに本塁打。左腕から打てたのは大きいが、ボール球を振っての凡打が減点材料

スポンサードリンク

shiro





@