データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




高橋監督は岡本抜擢も!? 金本監督は非情さを出せるか? 興味深いセリーグ新人監督の采配【小宮山悟の眼】

キャンプも終わり、いよいよオープン戦が始まる。セリーグは3名の新人監督がいるが、それぞれの監督が描く野球について考えてみたい。

2016/02/27

text By

タグ: , , , , , , , , ,



P141-01DSC_1881

原監督を手本にしている高橋監督、一方金本監督は?

 今年もいよいよ野球の季節がやってきた。

 2月1日に全球団がキャンプイン。私も毎年恒例のキャンプ視察に出かけた。石垣島のロッテを皮切りに、米国アリゾナでキャンプを開いた日本ハムを除く11球団のキャンプ地を巡ったが、今季は4人の新監督が誕生しただけに、全体を通してのイメージとしては、いささか新鮮に映った。

 4監督のうち、初めて監督を務める新人監督は、巨人・高橋、阪神・金本、DeNAラミレスの3名。ここでは、その視察で見えてきた3監督の描く野球について触れてみたい。

 多くの場合、新人監督とは、チーム作りや選手の掌握方法などに関し、現役時代に自分が携わった監督を手本とするものだ。たとえば、巨人・高橋監督は、明らかに原前監督の手法を継承しているように感じた。
 爽やかな人当たりで、高圧的な支配はしない。もちろん、厳しいことを口にすることもあるだろうが、口調自体は乱暴にならない。そういう選手との接し方をするだろう。

 ただ、阪神・金本監督の場合、そのスタイルがなかなか見えてこなかった。金本監督の場合、意識する監督像として、まず星野仙一さんの名前が浮かぶ。1日のキャンプ視察なので、断定はできないが、おそらく金本監督自身も、緊張感を持って選手と接するという星野さんのやり方を目指しているだろう。だが、実現するにはもう少し時間がかかりそうだ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@