データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




待望の高卒ルーキーが一気に3人も――!! 〝変革〟を感じさせた千葉ロッテのドラフト通知簿

秋、それはプロ野球にとっての出会いと別れの季節──。というわけで、〝戦力外〟という非情なる通告を受けた選手たちが続々とユニフォームを脱ぐ一方、今年も期待に胸膨らむルーキーたちの顔ぶれが出そろった。名門・京都大学から初のプロ指名を勝ちとった2位・田中英祐にメディアの熱視線が注がれるなか、我らが千葉ロッテのドラフト戦略には、ファンならば「意外!」と思えるほどの〝変革〟の意志も見てとれた。

2014/11/06

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



DSC_0005

例年以上にバランスのとれたドラフトになった

 ここ数年、大学・社会人出身の即戦力選手ばかりを指名しすぎて、『プロ野球問題だらけの12球団』(草思社)などで知られる小関順二氏らからは、「育成する気がない」などと酷評されてきた千葉ロッテ球団だが、今年に限っては、大いにロマンを感じさせてくれるうえに、目下の補強ポイントもしっかり抑えた、チャレンジングでバランスのいい指名をしてくれたと言えるだろう。

 欲を言えば、1位指名こそは、松本裕樹(盛岡大付→福岡ソフトバンク)や高橋光成(前橋育英→埼玉西武)といった甲子園を沸かせた〝金の卵〟に競合覚悟で果敢にアタックしてほしかったところだ。

 しかし目玉選手をあえて避けて、名門・早大野球部でキャプテンを張った中村奨吾の1本釣りに行くあたりは、身近で鈴木大地という成功体験をしている千葉ロッテ〝らしさ〟でもある。将来的に六大学&東都の主将経験者ふたりが、〝アライバ〟のような鉄壁の二遊間を形成する……なんてことにでもなれば、さらに楽しみは増すはずだ。

 そして、ヘタをすれば有原航平(早大→北海道日本ハム)や安楽智大(済美→東北楽天)以上に注目を集めていたのではないか、というほどメディア露出の多かった2位・田中英佑も、話題性という意味では満点の指名。
 過去には、結局1軍登板のないまま引退した東大卒の小林至(91年ドラフト8位/現:福岡ソフトバンク 海外担当兼中長期戦略担当部長)の例もあるだけに、「話題性優先」と揶揄する声も一部にはあるも、弱小チームにいながら、レベルの高い関西学生野球リーグで2点台の防御率をキープした実力はダテではない。

 周囲からは即戦力偏重と叩かれながらも、指名した選手たちがそろって1軍の戦力となっていることを考えても、ここはスカウトの眼力を信用してもいいはずだし、大学生なら誰もが入りたがる三井物産への内定を蹴ってまでマリーンズの一員になる道を選んでくれた彼とともに、ある種のロマンを追えるのだから、これぞファン冥利に尽きるというもの。「仮に大成しなかったら……」なんていう野暮な心配をするくらいなら、パッと見はいかにも地味でロッテ選手らしい彼のポテンシャルを信じて、全力でバックアップをしてあげたい。

 また、同じく大学出身の即戦力としては、ライアン小川(東京ヤクルト)とバッテリーを組んでいた4位指名の創価大・寺嶋寛大(これまたキャプテン!)も、里崎智也の抜けた今こそ必要な人材として心強いし、広島国際学院大からは史上3人目のプロ選手となる6位の宮崎敦次も、無名ながら、大化けすれば手薄な中継ぎ陣に厚みを増す貴重な左腕として、重宝がられる存在になりそうだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@