データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ホークス退団の松中 移籍が多い、過去三冠王たちの幕引き

2004年の三冠王、ホークスの松中信彦が今季限りでの退団を発表した。過去の三冠王たちの多くは現役生活の晩年に更なる出場機会を求めての移籍を経験している。

2015/10/02

text By

タグ: , , , , , , , , ,



PIC0001D7

2004年三冠王の歩む道は?

 9月29日、福岡ソフトバンクホークスの松中信彦が今季限りでの退団を発表した。

 シーズン終了後は、自由契約となり他球団への移籍を目指すこととなる。

 自身のブログで「僕を必要としてくれて野球が出来る場所を探したいと思っています」と語った平成唯一の三冠王は2016年をどういった形で迎えるのだろうか。

 松中は1996年、逆指名(ドラフト2位)で新日鐵君津から福岡ダイエーホークスに入団。3年目に23本塁打を放ち1塁のレギュラーをつかむと、翌年には打率.312、33本塁打、106打点の活躍で2年連続リーグ優勝の原動力となりMVPも獲得。一躍リーグを代表する強打者へと仲間入りを果たした。

 その後も小久保裕紀、城島健司らと共にダイハード打線の中軸として活躍をつづけ、2003年には3割30本100打点カルテットの一員を担ったほか、自身初の打撃タイトルとなる打点王を獲得、翌04年には打率.358、44本塁打、120打点の成績をあげ平成初、史上7人目となる三冠王に輝いた。

 2005年には再び本塁打王、打点王の2冠を手にするも、翌年以降は臀部や膝、手首さまざまな箇所の故障も響き打撃不振に。特にここ3年間は合計でわずか51試合の出場に留まっている(10月1日時点)。
1日のイーグルス戦は、7番指名打者で先発したが4打数4三振だった。

 ホークス一筋で19年間プレーし通算352本塁打、1168打点。「ボロボロになるまで」と他球団での現役続行を選んだ松中だが、かつての三冠王たちは自身の晩年どのような道を選択したのだろうか。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@