データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】「信頼できる二遊間」川崎宗則がメジャー再昇格

プレーオフ進出に向けて大型補強を敢行したトロント・ブルージェイズ。25枠のバランスを考え、打撃面でチームに貢献していたダニー・バレンシアが外れて、「信頼出来る二遊間を守れる内野手」として川崎宗則がメジャーに再昇格した。

2015/08/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



ムネリン守備

40人枠を外れたのは打撃で貢献していたダニー・バレンシア

 プレーオフ進出に向けて大型補強を敢行したトロント・ブルージェイズは新たに獲得したデビッド・プライス、トロイ・トゥルィツキー、ベン・リベア、マーク・ローのために40人枠に空きを作る必要があった。

 新加入選手の代わりに40人枠から外される事となったのはダニー・バレンシアとエセキエル・カレーラだった。40人枠から外され、今後はウェーバーに掛けられて他球団が獲得意志を見せればトレードされる可能性があり、さらには獲得球団が現れずにトリプルAへ送られる可能性、そして獲得球団が現れなくとも選手自身がFAを選択するなどの可能性がある。

 打者としては、打率.296、7HR、31打点とチームに貢献していただけにダニー・バレンシアが40人枠を外されたのは驚きの異動だった。打撃面では貢献していたのだが、レフトの守備面ではチームもより高い守備力を求めていた中でのフィラデルフィア・フィリーズからのベン・リベアの獲得となった。

 トレード期限日が過ぎ、アンソプーロスGMとギボンズ監督は新加入選手も含めたチームのバランスを考えた時にリベアとバレンシアをレフトで併用するのではなく、リベアをスタメンとして起用することで一致したのだという。その結果、バレンシアをチームに抱えておくことは他の選択肢を制限してしまい、チーム全体のバランスを悪くしてしまう事になると考えた。

 そのため、打率.296のバレンシアがこの時期にメジャーから外される結果となった。

“Danny was great here, sometimes you make decisions like this, but Danny was 10 out of 10, well liked. But Revere playing every day, there was a decision to make. Revere led the National League in hits last year too, so it seemed the more we looked at it, the team is stronger with Ben in there everyday. Now… Gibbons has the lineup he wants.”
「ダニー(バレンシア)は良かった、時にこういう決断をしないといけない、ダニーは10人中10人全員から好かれていた。だがリベアが毎日出場するとなると、決断をする必要があった。リベアも昨年はナショナルリーグで最多安打を記録しており、考えれば考えるほどリベアを毎日スタメンで使う方がチームにとっては良いと考えた。これでギボンズ監督は思い通りの打線を組める」

スポンサードリンク

1 2

shiro





@