データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




イチロー、MLB史上38人目の500盗塁達成。歴代の名選手の中で特筆すべき高い盗塁成功率

イチローが現地29日のブルワーズ戦で通算500盗塁を達成した。

2016/04/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



Miami Marlins at Washington Nationals

成功率は歴代4位

 秒読み段階に入っていたが、イチローがついにMLBでの通算500盗塁を達成した。MLB史上38人目だ。通算盗塁数の1位はリッキー・ヘンダーソンの1406盗塁だが、1世紀を優に超すMLBの歴史の中でも、一握りの選手しか達成していない大記録といえる。

 もちろん現役選手ではイチローが1位。
 2位はドジャースのカール・クロフォード(480盗塁)、3位はロッキーズのホセ・レイエス(479盗塁)だ。
 イチローはシアトル・マリナーズで438盗塁を記録。これは、マリナーズの歴代最多記録だった(2位はアレックス・ロドリゲスの133盗塁)。

 500盗塁と数字だけでも偉大な記録だが、さらに「質の高さ」も兼ね備えている。そこがイチローのすごさだ。
 MLBのア・ナ両リーグが揃って「CS(盗塁死)」の記録を取り始めたのは、1951年からだ。
 以後の選手の中で、500盗塁を記録した選手はイチローを含め19人いるが、盗塁成功率ではイチローは4位につけている。

1. ティム・レインズ .847 (807盗塁146盗塁死)

2. ウィリー・ウィルソン .832(668盗塁134盗塁死)

3. デービー・ロープス .830(557盗塁114盗塁死)

4. イチロー .814(500盗塁114盗塁死)

 歴代盗塁数1位のリッキー・ヘンダーソンは.808、ルー・ブロックは.753、モーリー・ウィルスは.738だから、イチローの「足の精度」の高さがわかる。
 イチローは20代後半にMLBへ移籍した。つまりMLBでのキャリアの大半は脚力が衰えると言われる30歳台だった。それでいながら、高い成功率を維持したのは特筆に値する。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@