データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】今オフFA大物投手は狙わず。レンジャーズの命運握るダルビッシュの復帰は5月に

2015年3月にトミー・ジョン手術を受け、リハビリを続けるダルビッシュ有。テキサス・レンジャーズにとってはこのオフ、大物投手をFAで獲得するよりもダルビッシュの復帰が鍵を握るのではと『MLB.com』の特集記事で報じている。

2015/11/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



ダルビッシュ

大物FA投手を狙う可能性は低い?

 テキサス・レンジャーズは今オフ先発投手の補強を目指しており、すでに他の29チームとトレードの可能性を模索しただろうと『MLB.com』のTRサルバン氏は推測している。

 記事によれば、すでにレンジャーズは大物FAとして、市場に出ている投手らも確認済みだが、デビッド・プライスやザック・グレインキーなどの大物を狙う可能性は低いという。今季のFA市場は先発投手が豊富で2015年シーズン150イニング以上投げた投手が20人も名を連ねている。

 それでも2016年テキサス・レンジャーズの先発ローテーションは新加入する選手よりもダルビッシュ有、デリック・ホランド、マーティン・ペレス、そしてコルビー・ルイスの現戦力中心になるだろうとサルバン氏は指摘する。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@