データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】2016年も低調? イチローの3000本安打は見たいが……米では再契約に批判的な声も

マーリンズがイチローと再契約を結んだのは間違いだと主張している意見がアメリカには一部ある。セイバー指標で判断する限り、「もはやかつてのイチローではない」というのが、その理由だ。

2015/11/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



Miami Marlins v Philadelphia Phillies

打率含め、低調に終わった2015年

「マーリンズがイチローと来季も契約をかわしたのは間違いだ」と主張するのは、『SI.com』のファンブログ『ファンサイデッド』だ。イチローの過去の実績に敬意を示しながらも、セイバー指標を用いながら「もはや昔のイチローではない」と、再契約に反対の理由をあげている。

The name you know as the legendary Mariners player, who got traded to the Yankees, while the Mariners and the Yankees were playing each other. The guy who won a Rookie Of The Year and a MVP in the same year. The best international position player of all time.
イチローはヤンキースにトレードされ、マリナーズとヤンキースの両軍でプレーしたが、その名前はマリナーズのレジェンドとして知られている。彼は新人王とMVPの同時受賞を果たした。史上No.1の外国人プレーヤーだ。

 将来の野球殿堂入りが間違いないイチローだが、マーリンズに在籍した2015年においてはもはや昔の面影はない、と記事は続く。

 2015年、マーリンズはイチローと第4の外野手として契約したが、ジャンカルロ・スタントンが負傷し、マーセル・オズーナが不振でマイナーに降格した後は、レギュラーとなして起用された。しかし、結果は打率.229、1本塁打に終わった。

 記事ではイチローの衰えをセイバーメトリクスの指標を用いて示している。

Ichiro finished the season with a -0.8 WAR, his lowest of his career. He also slated a .50 ISO, that too his lowest of his career. His regular slash was .229/.282/.279..…Yes that was also the worst slash he’s had in his career.
As a baseball fan, it was sad to see Ichiro play like this.
イチローの今季のWARは-0.8で自己ワーストだった。ISOは.050でしかなく自己最低に終わった。定番のスラッシュ(ライン)は.229/.282/.279だ。もちろんこれも自己最低だ。一人の野球ファンとして、こんなイチローを見るのはつらい。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@