データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【高校野球】花咲徳栄、昨年の埼玉県大会初戦敗退から甲子園出場へ 白岡の追い上げも及ばず

28日、県営大宮球場で行われた第97回全国高校野球選手権埼玉県大会決勝は、ノーシードで勝ち上がってきた白岡高校を花咲徳栄が5-2で下し、4年ぶり3回目の甲子園出場を決めた。

2015/07/28

text By

タグ: , , , , ,



172309757

埼玉県で一番短い夏から一番長い夏に

 28日、県営大宮球場で第97回全国高校野球選手権埼玉県大会が行われた。Cシードの花咲徳栄とノーシードから勝ち上がってきた白岡高校の決勝に注目が集まる中、花咲徳栄が5-2で勝利した。

 快進撃の連続だった。白岡高校はBシードの成徳大深谷、私立の強豪埼玉栄、そして春の選抜ベスト4の浦和学院を倒しての決勝進出は全国的にもニュースになった。一方の花咲徳栄も、4年ぶり3回目の甲子園を狙うとは言え、部員は入れ替わり、決勝すら未経験のチーム。どちらが勝ってもおかしくない試合だった。

 先攻の白岡は、1死1塁で3番の伊藤がレフトへツーベースヒットを放ち2・3塁にチャンスを広げると花咲徳栄のエース鎌倉のワイルドピッチで1点を先制する。白岡の先発は準決勝の浦和学院戦で151球を投げ抜き完投勝利を挙げた谷中。1回裏を無失点に抑えるも、2回裏に味方のエラーも絡み2死1塁とすると花咲徳栄の8番鎌倉にタイムリーヒットで同点に、さらに四球から1番久々宇にも打たれ勝ち越しを許す。

 花咲徳栄は3回も1点を追加し、3-1とリードを広げると、エース鎌倉がランナーを出しながらも味方の堅い守備にも助けられ追加点を与えない。6回裏に1死2・3塁で犠牲フライ、さらにタイムリーヒットで2点追加。

 ここで白岡は、谷中からエースナンバーをつけた永島にピッチャーを交代。永島は後続を抑え、5-1で終盤に突入する。
 7回表に1死1塁から7番永島がセンター前ヒットを放つが、1塁ランナーが3塁でタッチアウト。白岡に傾きそうな流れを、花咲徳栄の好守が止めた。

【次ページ】最終回、白岡の執念

スポンサードリンク

1 2

shiro





@